2006.12.27 昨夜の暴風雨
夜7時から消防団の会合で結城消防署へ。
年明けの出初式において、色々変更点が発生したため、説明会が開かれ
分団の幹部の皆さんと一緒に会議に出席した。

そこで、昨晩の暴風雨の被害の報告を聞いた。

公達から国府町、裏町あたりまでの幅300~400m、距離にして
3~4キロの間に被害が集中しており、竜巻、あるいは突風に似た
現象が発生していたとの事。また、近隣市町村では大きな被害は
発生しておらず、結城市でのみ、こういった状況になっている。
また、明日、気象庁から担当者が現地調査に訪れるという内容であった。

確かに、深夜、何者かがだんだん近づいてくるかのような、そんな風の音や
雷が地鳴りをあげて鳴り響き、深夜2時半ころには停電もあった。
局地的な範囲での被害が出ており、私の自宅もその路線上にあり、
何者かが近づいてくるような音、というのにも何となくうなづけるような
状況であった。

昼間も駅北で、倒壊してないものの、風の影響か、若干傾いた電柱を
修理しているような業者さんの姿も見かけた。

また、気象庁から現地視察がくるほど、珍しい現象であったのにも驚いている。

竜巻や突風と聞くと、北海道佐呂間町での事故が記憶に新しい。
トンネル工事の事務所のプレハブが吹き飛ばされ、9人の方が犠牲となった。

そんな中ではあるが、人的被害が無かったことにほっとしている。
お昼にボランティアの皆さんと忘年会をかねた会食。

普段の活動ではなかなか日が会わず、また、多忙ということもあり
活動に参加できないことも多かったが、いつも誘っていただけるのは
本当にありがたい。特に、11月・12月は県議選などであわただしかった
だけに、今日の会食では久しぶりに皆さんとゆっくり話ができた。

話題はどうしても来年春の一戦に関する話に・・・。
それだけ、心配を頂き、そして期待を頂いていることにうれしく思っている。

帰宅後、後援会報の原稿作成。
今回は一般質問をしなかったことから、紙面を、「任期を振り返って」と
題して、自分の活動方針と皆さんの反応などをまとめるページを作ってみた。
夕方には完成し、後援会の役員さんにチェックを依頼。

この時期の後援会報を、なんとか元旦に届くようにしたいなと思いつつ
原稿が完成しなかったり、その他の作業に時間がかかったりなどで
実現できなかった。今回もそのつもりで用意をしたが、やはり原稿が
まとまらず、また、暮れのあわただしい中では、お手伝いのお願いも
大変難しく、今回も、年明けの1月10日前後の発行となってしまう
ことをご了解いただきたい。
午前10時ごろ、火事があり出動。

火事自体はすぐに鎮火したが、私の所属する分団のみなさんが、
みんな作業服であることに驚き、聞いたところ、新福寺地内の新規に
作られた防火水槽の水張り作業を行っていることを聞き、現場撤収後に合流。

携帯電話を確認したところ、確かに作業について連絡のメールがあり、
多忙な中か、あるいは会合の最中かで失念していたことが判明。
事情を説明して作業に合流した。

新福寺地内に新たに建設された防火水槽は40立米のもの。
消火栓よりホース9本を延長しての作業。水張り自体の作業は3時間程度。

作業終了後、みんなで食事を取りながら、防火水槽に直接水を引く施設が
あれば、ホースを延長せずに作業ができないかといった提案を受ける。
たしかに、防火水槽の水張りは一度限りではなく、出火時に水を使って
しまった場合には、再度、水張り作業が必要となる。水道管から防火水槽に
直接水が引ければ、大掛かりな道具・人数を必要とせず作業ができるのでは、
と、考えるのは自然なことである。

早速、調査をしてみたいと思う。

これも、団員を経験しなければわからないこと。
色々な経験が、勉強になっている、と、実感した瞬間でもあった。



20061224_01.jpg

今年で15回目となる障害者の日 クリスマス会にスタッフとして参加。

平成5年に12月9日が「障害者の日」として制定され、障害者の社会参画の促進が
図られるようになった。結城市でも平成4年から、障害者とボランティアの交流を目的に
「合同クリスマス会」が開催をされ、現在に至っている。

私がこのスタッフに参加するようになったのは、市議会議員になった年からで
今回で4回目の参加となる。

例年であれば、事前の会議や前日の準備から参加をしているが、今年は多忙続きで、
当日である今日のみの参加となってしまった。

会場では障害者とボランティアのみなさんが入り混じって席に着き、帽子を作ったり
食事をしたり、歌を歌ったりと楽しいひと時を過ごした。

この食事も、ボランティア団体である「いずみ会」「ふたば会」の皆さんを
中心としたボランティアさんたちが、前日から準備をして料理をしてくださった
ものである。

また、今年は初めて、結城中学校のLBコーラス部の生徒さん53名に参加を頂き、
障害者やボランティアさんと一緒に食事をしながら、素敵な歌声を披露して下さった。

結城中学校の皆さんは、今日の会場でも、食事の配膳や、会場の片付けなどにも
積極的に参加をするなど、にぎやかな声や笑顔で会場を明るくしてくださり
そして、ボランティアさんにとっても頼もしい一面を見せて頂いた。

将来有望な子供たちが、こういった行事に参画して、視野を広げることにより、
心の温かい、すばらしい大人に成長をしていってほしいし、これからの将来の結城を
担う存在としての経験の一助にしてほしいと心から思うばかりである。

私自身も、学生さんと接する機会を持つことで、子供たちがどんなことを
考えているのか、どんな話題を持っているのかを少しでも知り、教育関係に提言を
していくうえでの参考にしたいと考えており、こういった機会を通じで、
子供たちとふれあいの時間を作りたいと考えている。


話を元に戻すが、スタッフの皆さんや、初参加となった結城中学校の皆さんの
ご協力で、今回のクリスマス会も無事に、盛大に、そして楽しく行うことができた。

関係者の皆さん、お疲れ様でした。


20061223_01.jpg


20061223_02.jpg


20061223_03.jpg


20061223_04.jpg


20061223_05.jpg


20061223_06.jpg


20061223_07.jpg


20061223_08.jpg

2006.12.22 議会が閉会
昨日、平成18年 結城市議会 第4回 定例会が閉会。

23本の議案がすべて可決成立された。

また、議員提案による「飲酒運転撲滅を宣言する決議」も採択され、
市議会として先頭に立って飲酒運転の撲滅に努力する旨の決議が
採択をされた。

今日は午後3時ごろから1時間程度、一般質問の録音資料を聞いての内容確認。
今回は自分の一般質問はなかったので、自分の質疑を全文起こす作業はないが、
他の方の質問内容と答弁内容を聞きながら、内容を確認し、議会の話題として
会報に掲載することを目的とした作業である。

後援会報発送にあたっての宛名書きは、家族のみんなが作業を進め、
すでに完了している。

毎回、パソコンから後援会名簿を打ち出して渡すだけで、みんなが作業を進めて
くださっていることに心から感謝している。

本人も参加せねばと思いつつ、多忙により参加できないことが多い。

それでも、家族や後援会の皆さんが、「外に出て仕事をするのが議員だ!」と
いう考えの下に協力してくださっているからこそ、本人が安心して外へ飛び出せる。

来年の春に向かって、また忙しい日々が続くだろう。
しかし、頼もしい後援会の皆さんとの協力で、きっと乗り切れると信じている。

とりあえず、早く後援会報の原稿をつくるようにあおられているので
早々に完成させたい。
2006.12.18 建設委員会
午前10時から、建設委員会が開会。

午前中は現地視察を実施し、下記3ヶ所を視察。

・結城南部中央幹線を走行しながらの視察
・筑西幹線道路の鬼怒川大橋の架け替え工事
・筑西しもだて合同庁舎

筑西幹線道路については、隣の筑西市、古河市が合併特例債を投入して
工事を進めるという方針が決定されている。しかしながら、私個人の
考えとしては、合併市町村間の調和を取ることを目的とした合併特例債を
県道工事に投入するのは、その趣旨を考えるとどうなのかなと思っている。
市の裏負担という意味合いの考え方もあるのだと思うが、あくまで、県道であり
まず県が主体になって実施をすべきものであると考えるのが妥当だと思う。


20061218_01.jpg



合同庁舎については、結城市にあった法務局が、この筑西しもだて合同庁舎に
移されている。都市建設関係では、ほぼ毎日、職員のだれかしかが
法務局で確認作業をしているなど、欠かせない施設であり、今まで市内に
あったことで作業がしやすかったが、筑西への移設により、移動時間を見込んだ
作業が必要となり、大変残念なことである。旧下館市では、早くから
法務局の下館への移設を陳情していたそうで、結城市が存続を陳情したときには
すでに遅かったそうである…。執行部でも、こういった出来事を分析し、
今後の陳情活動などに生かしていただきたいし、建物だけが残った施設を
是非、結城市に役立つ施設として使えるよう取り組んでいただきたい。


20061218_03.jpg


20061218_02.jpg


20061218_04.jpg


20061218_05.jpg


20061218_06.jpg


20061218_07.jpg


20061218_08.jpg




午後からの審議については、補正予算7件、条例改正2件、市道認定1件が
すべて全会一致で可決され、本会議へ送られた。

審議内容については、議会終了後、後援会報やホームページ掲載という形で、
早々に皆さんにお知らせをしたいと考えている。
午後1時から、市民文化センターアクロス 大ホールで開かれた
「あすなろ学園20周年企画 あすなろアピール2006」に
招待を頂いて参加。

会場内で、偶然、あすなろ学園の初代施設長をされていた方と席が
そばになり、このイベントの経緯をうかがうことができた。

このイベントは、青年の主張にヒントを得て、障がいを持った方々にも
主張があり、その発表の機会を作りたいということで始まった企画。
ただ、「障がい者の主張」という仰々しい形にはしたくないとの事で
「あすなろアピール」としてスタートを切ったことを伺った。

式典では、施設を利用している対象者1人1人に施設長さんから
活動をたたえた感謝状を贈り、第2部では寸劇&呼びかけの形での
利用者の主張、施設の問題、これからの問題をうったえ、
第3部ではザ・ハーモニックによるコンサートが行われ、
施設を利用している障がい者の皆さんやご家族、ボランティアの方々とが
にぎやかな中で楽しいひと時を過ごした。

私も市のボランティア団体に参画をしており、色々なイベントで
障がい者の皆さんと接する機会があるが、まだまだ勉強不足であり、
障がい者の皆さんの視点、ボランティア側の視点、いろいろな視点での
考え方を身に着けたいと考えている。

こういった行事にはどんどん参加して、皆さんの考えを吸収したい。


20061216_01.jpg


20061216_02.jpg

2006.12.14 写真を変更
ホームページ(ブログではなく)のトップページの写真を変更してみた。

http://www.tacho-net.com/tacho/


毎年、誕生日を迎えることに、年齢に×をつけて新しい年齢を書き込んで
いたが、×では縁起がわるいのでは?という意見を頂いたからである。

サイトの写真程度で一喜一憂しているのは、なんだか、自意識過剰というか
自己愛が強いのと勘違いされやすいが、決してそうではない…。
いまサイトに載っている写真は4年前の写真で、当時より多少?!太って
しまっている。久しぶりに会ったときに、太ったねといわれたくないので、
伏線を張る意味で、現在の写真に交換したまでのことである。


まだまだインターネットでの選挙活動は、公職選挙法の解釈上では
使用できないのが一般的だが、政治活動という位置づけで、活動を公開する
という手法では十分使えるものである。

国会議員をはじめ、多くの議員がブログを使って自分の考えを述べている。
たくさんの人に存在を伝え、己の意思を伝えるツールとして有益なものであり、
これからもどんどん使っていきたいと考えている。
昨日から、平成18年 結城市議会 第4回 定例会が開会。

昨日は議案の提案理由説明、所管委員会への付託などが決定した。
また、本日、明日と2日間にわたって、6名の議員さんが
一般質問で登壇する。今日は、中田文雄議員、金子議員、池田議員の
3名の議員さんが質問を行った。

私は、今回は質問はお休みである。
いまさら言うまでもないが、県議選の関係で市内各地を奔走し、
まったく準備という準備ができなかった。

質問を義務付けられているわけではないが、任期中16回しかない
質問の機会を行使できなかったことは自分自身残念であり、
また、どんな理由であれ、質問をしなかったことには変わりはない。
今度の3月が最後の機会であり、しっかりと一般質問を行いたいと
考えているので、ご容赦を頂きたい。


さて、12/10に県議会議員選挙の投票日が行われ、今回は投票率が
54.44%と非常に高く、そのことについても、議会初日に、
市長からなにかしかのコメントがあるのかと思っていたが、
一切触れなかった。

私も、今回は臼井県議会議員を応援した立場として、客観的なコメントは
できないと考えているし、選挙が終わったあとで色々と言いたくはないが、
今回の選挙に関しての市長の行動は、たったひとりしかいない、市民の
代表としての首長の動き方として疑問を感じざるを得ない。

結城市内には、特定の政党に準じた考え方の人、そうでない人、
いろいろな考え方をもった人がいる。本来、そういった多種多様な考えを
聞いた上で判断をし、行動するのが首長であると、私は常々考えている。

しかし、そういったすべての考え方を否定するかのような
「自民党でなければダメ」という考え方を全面的に押し立てて、
市内あちこちで吼えまくった行動にたいして、疑問を持っているといった声を
市内各地で耳にした。

秘書課にも、そういったクレームの電話があったということも耳にした。

おそらく、市長本人にもそういった声が多いことは耳に入っており、
議会初日でのコメントが見送られたのだろうと推測している。

ちなみに私は政党には所属しない人間である。
「○○党でないとダメ」という言葉には、正直、不愉快であったことを
申し添えさせていただきたい。
今日は茨城県議会議員選挙の投票日。

私も、この県議選。とある候補者の応援で、朝早くから夜遅くまで、
市内を駆け巡った。

部屋の雨戸を開けたのも10日ぶり。
湯船に使ったまま寝てしまったり、パソコンのキーボードに
つっぷしたまま寝てしまったり、とにかくすさまじい時間であった。

さて、投票率であるが、11時現在で16%程度であった。
期日前投票も加えると、20%といったところ。

詳しくは市役所のサイトをごらん頂きたい。

http://www.city.yuki.ibaraki.jp/8/7911.html



結城市の代表を決める大事な選挙。
前回のような30%にみたない選挙では、代表を決める選挙としては
非常に恥ずかしい。

ぜひ、多くの方に投票に行っていただき、高い投票率の中で、
結城の代表を決めていただきたい。



また、告示期間中、わたしのブログのアクセス件数が、非常に高かった。
おそらく、私が、サイトになにかしかの情報を書くだろうと言う
期待ではないかと思われる。残念ながら、現行の公職選挙法では、
告示期間中の更新は違反になる可能性があり、私も、投票を左右する
可能性のある内容は一切書かなかった。

アクセス数が多いということは、普段からの情報発信にたいして、
多くの方から理解を頂いているものとうけとめ、今後も、情報発信に
勤めていきたいと考えている。
2006.12.08 投票率
12/10 は 茨城県議会議員選挙の投票日。

前回の県議会議員選挙は、結城選挙区の投票率は30%弱で、
県内でもワースト3位だったことが、結城市のHPにも
掲載されている。


http://www.city.yuki.ibaraki.jp/8/7910.html


結城市の代表を決める選挙で、30%程度の投票率しかないというのは
非常にさびしいものである。

今までは、投票日前には不在者投票というものがあったのだが、
いろいろ細かいことを聞かれたり、適切な理由がないとできなかったなど、
いろいろな制約があったが、法制度の改正により、「期日前投票」という
呼び方に変わり、気軽に投票ができるようになった。

私自身も、一度、期日前投票をおこなったが、用意された用紙に、
投票日に投票ができない理由を選択肢の中から選ぶ程度で、
カンタンに実施できた。


期日前投票は、市役所で朝8時半から夜8時まで実施できる。


一人でも多くの方が、政治に興味を持ち、与えられた権利を行使していただきたい。
2006.12.05 不審火?!
12/4 午前2時すぎ、結城市民文化センターアクロスの
東側のアパートの駐車場の樹木から出火した。

すぐ鎮火し、大事には至らなかったようであるが、非常に心配。


昼間、警察(大町交番の方と思われる)の方がうちへきて、
燃えやすいものを外に置かないよう、不審者を見つけたら通報してほしいと
呼びかけていった。


皆さんも気をつけていただきたい。
2006.12.04 祖母の3回忌
今日は、お寺さんで祖母の3回忌。

1月13日が命日であるが、年明け早々のため、前倒しで今日行った。
もう、祖母が他界して2年もたつのかとおもうと、時の流れは速いものである。

私の祖父は戦争で他界した。いまの私と同じ33歳の時に。
それから祖母は、女手1つで、子供(父・叔母)を苦労して育てたと聞いている。
私の父も、父親の顔を知らないで育った。戦争がすべての幸せを消し去った・・・。

いま、国政では、防衛庁を防衛省に格上げすることが決まろうとしている。

もっとほかにやるべきことがあるのでは?
防衛庁のままでは何がいけないのか?
平和憲法をどういう方向に持っていこうとしているのか?

日本をどうしようとしているのか?

疑問だらけである。

国民に説明すべきである。

1つだけいえること、悲しい戦争は2度としてはいけない・・・。