年度末である3/31にもかかわらず、上京して勉強会に参加。

政務調査費が残っていたので、3月議会が終わった後で、参加出来そうな
研修会の案内がきたら・・・と、議会事務局の職員さんに頼んでおいたところ、
興味あるテーマの案内を頂いたので、参加してきた。

5人の講師が、それぞれのテーマで講演。1人あたり30分という時間で、
講師の方にとっては話し足りないところだとおもうが、拝聴する側としては
テンポよくテーマが切り替わり、わかりやすい内容だった。

議会改革については、何度かこの場で触れたが、今回の研修は、
議会改革の事例というより、考え方、あるべき姿を中心とした内容であった。

一番興味がわいたのは、地方自治法そのものが、大小関係なく地方自治体を
しばりつけて、地方の選択の自由を狭め、地方分権が進みにくいと言う話。

地方の小さな町村では議員定数が1ケタの自治体が数多くあり、
そういう状況でも、議長と副議長を置いている。人口200人程度の自治体もあり、
議会を開くよりも、全員を集めた市民集会の方が活発な議論が出来たり、
住民が同じレベルで情報を共有できると言うもの。

なるほど確かに、直接全員が集まれるなら、議会よりもわかりやすいし、
意見も述べやすい。

議会改革も同じ。通年議会や議員による議会報告会など、事例を見ると
同じ方向に流れているが、大切なのは、住民の声をきちんと反映できるか、
行政や議会の動きが住民にきちんと伝えられるか、ということ。

議会改革・行政改革、改革と名のつくものは、斬新さがもとめられがちだが、
本来の改革は地道に1つ1つやっていくこと。スタイルにとらわれず、
住民の事を第一に、これを忘れてはならない。

20090331_01.jpg
日本経済新聞 谷 隆徳 氏

20090331_02.jpg
元 福島県三春町長 伊藤 寛 氏

20090331_03.jpg
北海道町村議会議長会事務局長 勢籏 了三 氏

20090331_04.jpg
地方自治経営学会 会長・元 埼玉県志木市長 穂坂 邦夫 氏

20090331_05.jpg
神奈川大学 法学部 教授 後藤 仁 氏

20090331_06.jpg
パネルディスカッション・質疑応答

20090331_07.jpg
会場風景

午前9時半から、城西保育所の修了式に出席させていただいた。

保護者の皆さん、教職員の皆さんと一緒に、23名の卒園生の皆さんの
巣立ちをお祝いさせて頂いた。

一人一人、名前を呼ばれ、保護者からのメッセージだろうか、これまでの
いろんなエピソードを聞かせていただいて、修了証を受け取る。
そして、お母さんに笑顔で渡す、お母さんは涙ぐみながら修了証を受け取る。

すばらしい光景だった。

自分も、はるか30年前、こんな光景の中にいたのだろうか…。

私も、かつて、城西保育所の流れをくむ、城南保育所でお世話になった。
今回の修了生を担当された先生は、30年前、城南保育所を卒園した時に
担当してくださった先生でもあり、私が、自分の母校とも言える場所に
出席させてもらえる事に、毎回、深いご縁を感じている。

元気に、今日の日を迎えた子どもたちの、今後の健やかな成長を、
心からお祈り申し上げます。


20090327_01.jpg 20090327_02.jpg

2009.03.23 定例会が終了
平成21年 結城市議会 第1回 定例会が終了。
議案47件、選挙1件、請願1件、選任1件、決議1件の全51案件が可決成立となった。

選任については、平塚 到 教育長が3/26で教育委員を退任されることから、
後任の教育委員に、木村裕さんを選任する事に議会が同意するもの。

また、閉会後に、産業経済部長から、結城市商工会議所にて、プレミアム商品券の
発行に向けて取り組んでいることが報告された。

大枠の概要は、以下のとおり(あくまでも予定)

 ・プレミアム分を2割で設定
   (10000円で1000円券 12枚)

 ・2000セット (1セット1万円?)を準備

 ・5月上旬に発行を予定

 ・取扱場所は商工会議所、山川出張所、江川出張所
   (アクロスも取扱場所として調整中)

 ・4/15、5/1、5/15のお知らせ版や結城市ホームページにて
  詳細を周知する予定。

詳細については、お知らせ版やホームページをご覧頂くか、
関係機関に問い合わせ願いたい。


議会も終わり、これから、後援会報配布に向けた準備や、ホームページへの
審議結果掲載など、まだまだやる事がたくさんある。年度頭の行事も多くなるが
あわてず1つ1つこなして行きたい。

午前9時半から、城西小学校 第25回 卒業式に出席。

私の母校でもある城西小学校。自分が卒業してから20数年が経っている。
時の流れが実にはやい事と、毎度ながら、母校の行事に参加できることを
うれしく思いながら出席をさせていただいている。

今年は57名の生徒さんが卒業。

今年は、厳粛な中での卒業式としたいと言う考えから、例年行われてきた
対面式ではなく、これまでのような、全員が正面を向き、卒業生は、
壇上で卒業証書を頂く形となった。

一人ひとり、緊張のなかで名前を呼ばれるのを待ち、卒業証書を頂く。
頂いた卒業証書を、親御さんに渡し、自分の席に戻ってきた卒業生の皆さんが、
みんな、ほっとした表情だったり、笑顔で隣の席の子と目を合わせているのが
印象的であった。

これから、中学へ進み、勉強も、部活も、友達も、すべてが小学校の時よりも
幅広くなっていく。その中で、視野を広げて、興味を持ったこと、やってみたい事に
対して、とりくんで、ひとつでも多く、自分のものにしてほしい。そして、
将来の夢を大きく持って、それにむかって仲間を作りながらがんばってほしい。

今日、市内の9小学校で卒業式が行われたわけであるが、卒業を迎えた生徒さんの
これからの活躍を、心からお祈り申し上げます。

20090319_01.jpg



今年も、式が終わって、卒業生の退場の時に、一人ひとりの将来の夢が
スクリーンに投影された。私は、毎年、これを見るのを楽しみにしている。

今の子どもたちが、どんな事に興味を持ち、どんな考えを持っているのかを
垣間見ることが出来るからである。

走り書きで、毎回メモしている子どもたちの夢を、今年も紹介させていただきたい。

・警察官           ・画家
・保育士           ・バドミントン選手
・パティシエ         ・億万長者
・大金持ち          ・プロ野球選手
・建築家            ・ソフトボール選手
・水泳選手          ・アナウンサー
・マンガ家           ・メジャーリーガー
・Jリーガー          ・看護師
・教師             ・ゲームデザイナー
・声優             ・上級公務員
・スポーツ医学療法士    ・ペットトリマー
・建築デザイナー        ・イラストレーター
・フードコーディネーター  ・探検家
・薬剤師            ・医者
・NBAバスケット選手     ・パン職人
・卓球選手          ・大工
・柔道選手          ・ペットシッター
・獣医             ・ゴルファー
・動物園 職員        ・スポーツ選手
・鉄道関係会社の代表   ・通訳
・ペットショップ経営

(順不同・類似項目は集約)

午前10時から、教育・福祉委員会の審議に参加。

午前中は視察で明野中学校を訪問。
耐震化の関係で、平成18年~20年の3ヵ年計画で校舎の立替を実施。

総工費 16億9680万円。国庫支出金の安全・安心な学校づくり交付金で5億円、
合併特例債12億6500万円、一般財源から6億6690万円を財源として実施。
一般財源から支出した分は、茨城県新市町村づくり支援事業補助金が
翌年度に充当されるため、市の負担は、合併特例債のうちの3割の約3億6千万。

新しい校舎でもあり、廊下がひろくゆったりとしたつくりになっている。
教室も、教室後ろ側の黒板の後ろ側に男女別の、ロッカー 兼 更衣室を
設置するなど、今までの学校にはないつくりになっている。

トイレも、水の節約に配慮し、感知式となっており、オストメイト対応機器も設置、
2階のトイレは、自然採光とするなど、とてもきれいなつくりになっている。

説明を受けたコミュニティーホールは、地域への開放も考慮に入れて、
生徒・教職員が帰った後も、学校スペースから遮断しながら、なおかつ
出入りが可能となっている。

結城でも、平成21年度より、城南小学校の耐震化に向けて校舎立替が
実施される事から、今回の視察を生かした学校づくりに取り組んでもらいたい。


20090317_01.jpg 20090317_02.jpg

20090317_03.jpg 20090317_04.jpg

20090317_05.jpg 20090317_06.jpg

20090317_07.jpg 20090317_08.jpg

20090317_11.jpg 20090317_12.jpg

20090317_13.jpg 20090317_30.jpg


午後からは議案審議。

平成21年度の当初予算関係で5議案、条例改正で3議案、請願1件の
合計9議案について審議。すべて可決成立となった。

教育・福祉分野は、予算の中でもボリュームがある。かつての好景気のころは
建設事業関係の予算が多かったが、昨今の不況で、どうしてもカットしやすい
建設関係の予算が縮小するなか、教育・福祉分野の削減は難しく、
結果的に、予算の多くを占める分野となった。

特に、平成21年度の一般会計の教育・福祉分野の審議はしっかりと議論され、
審議結果をまとめる私としては、気の遠くなるような量の質疑がなされた。

我々議員は、やらされているのではなく、自ら立候補してこの職についている。
この事を決して忘れず、まず、審議にしっかり取り組む、そういう姿勢でなければならない。

町内会の諮問機関である街づくり委員会の定例会議に出席。

月1回、定期的に開かれているこの会議。多種多様な問題について、
時間をかけて掘り下げて議論し、方向性を見出し、役員会に提言する組織として
定着しつつある。これまでに、街の整備の方向性、集会所のあり方、
防犯&防災など様々なテーマについて議論をし、現在進行形で取り組んでいる
問題もある。

今日は、街を元気にするためには、というテーマ。

ワークショップと呼ばれる、住民(この場合は街づくり委員)が参加し、
様々な意見を出し合い、問題点、原因、解決策について意見を出し合っていく。

この意見の整理については、KJ法という(というか調べたらそういう名前だった)
手法を用いて整理する。これは、1つの意見を1つのカード(ポストイット)に
書き込んでいく。一定時間(15分程度)で意見を出してもらい、主催者は提出された
カードに書かれた意見のうち、似たような内容、方向性の意見をグループ化して
まとめて行く。

この方法の利点は、カードに1こずつ意見が書いてあるので、似た意見の
集約がしやすい事と、声の大きい人の意見に偏らず、1つ1つの意見が
公平に処理されることである。

この手法で、問題点、原因、解決方法について意見を出し合っていく。

視覚的にもわかりやすいので、皆さんも、議論の機会にぜひやってみてください。


20090315_01.jpg

20090315_02.jpg

20090315_03.jpg


※参考 (いずれも wikipedia へリンク)

⇒ ワークショップ

⇒ KJ法
午前10時から、市民文化センターアクロス 展示室で挙行された結城市表彰式典に出席。

例年、議会からは結城市表彰審査会委員になっている正副議長と、
各常任委員会委員長が出席をしているが、今年からは、全議員招待を頂き、
私も始めて出席させていただいた。

今年は、北京オリンピック クレー射撃トラップ競技で4位入賞された
中山由起枝さんに市民栄誉賞が送られ、また、一般表彰として1団体・10名、
自治表彰として50名の方が表彰された。

結城市の全国的PRに努めてくださっている中山由起枝さん、長きに渡って、
結城市の行政関係委員や、ボランティア活動などに尽力してくださった皆様に、
心から感謝いたします。


20090313_01.jpg 20090313_02.jpg
平成20年度 結城中学校 卒業式 に出席。

162名の生徒さんの巣立ちを、皆さんと一緒にお祝いさせて頂いた。

義務教育をはなれて、一人ひとり、これからいろんな可能性に向かって、
また、夢に向かっての新たな道を進む。希望もあるが、不安のほうが
もっと大きいのではと思うところである。

ひたすら、夢に向かってがんばってほしいと思う。

その成否にかかわらず、夢に向かってがんばった努力は、
その過程で出来た仲間との関係は、かけがえの無いものに
なるはずだから。

今日の卒業式を節目に、新たな道へ出発する皆さんの活躍を
心からお祈り申し上げます。


2009031_01.jpg 2009031_02.jpg


一般質問の準備や、予算書チェックなどで、ブログ更新が滞り、大変申し訳ない。
3/3 の本会議、3/4・5の一般質問について、まとめて報告したい。

---

3/3より、平成21年 結城市議会 第1回 定例会が開会。

今回の議会では、下記の案件が上程されている。

●平成20年度 補正予算(一般会計・特別会計・水道事業会計) ・・・ 14件
●平成21年度 当初予算(一般会計・特別会計・水道事業会計) ・・・ 14件
●条例改正 など ・・・ 19件
●後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
●教育予算の拡充を求める請願

このうち、平成20年度 補正予算は、昨今、国会で話題になっている定額給付金の
事業を含んでいる。平成20年度 補正予算と、条例改正のうち5件については、
委員会付託を行わず、本会議で議案質疑が行われ、即日採決となった。

また、後期高齢者医療広域連合議会議員については、県内44市町村から
1名ずつ議員を選出する事に伴う選挙で、結城市議会からは鈴木議長が
全会一致で選出された。

平成21年度 当初予算 14件については、予算特別委員会が設置され、
3/6・9・11の3日間にわたって全体で審議され、さらに、常任委員会のなかに
予算委員会 分科会の形で開催され、それぞれの委員会の委員が、
所管にかかわる予算について審議が行われる。

---

昨日(3/4)、今日(3/5)の2日間にわたって、一般質問も行われ、
全部で10名の議員が登壇し、それぞれの議員が、市政全般の、多岐にわたる
諸問題について、持論を展開しながら質問を行った。

私も初日である 3/4 2番目で登壇し、質問を行う。

平成23年度からの10年間にわたって市政のよりどころとなる、次期総合計画の
策定が始まるにあたっての策定手法についてや、事業の取捨選択をきちんと行って
その上で職員の必要人数を割り出して、根拠性のある採用の実施、
特定健康診断など制度が大幅に変わった中で実施された健康診断について
質問を行った。


●総合計画について

協働の街づくりにとりくんでいる中での策定であり、市民から頂いた意見の議論の過程や
策定過程そのものの公開や、意見をもらった市民へのフィードバック、各段階で市民から
意見をもらう手法や、最終段階でのパブリックコメントによる意見収集などの提案に対し、
前向きに実施したい旨の答弁があった。


●人員体制について

退職者の人数に合わせた採用でなく、職員さんの平均在職年数と、
事業から必要人員をみつもって、各年の平均採用人数を割り出した上での採用や、
いわゆる、外部の目を入れた行政評価システムである「事業仕分け」をおこなって、
役所が真にやるべき事業を厳選する手法について提案をおこなった。

平成21年度で定員管理計画が終了となり、さらにその先の計画を予定しているものの
地方分権で、国や県などから業務移管がある事から、削減が難しい点や、
事業仕分けについては前向きに取り組みたい旨の答弁があった。

 事業仕分けを開設しているサイト ⇒ 構想日本


●健康診断について

制度の変更初年度における実施状況や、受診率の状況。健康診断が各保険団体で
行われる事になったことによる問題点や、受診項目がへってしまったことが
逆に健康に対するリスクが増えてしまうことへの懸念、希望により、受診項目を
増やせないかと言った点を要望。

希望による受診項目の追加については、自己負担になってしまうが、実施できるよう
取り組んでいる点について答弁があった。


2009.03.01 火災予防週間
3/1より春の火災予防週間。

結城市内の10の分団の皆さんが、火災予防パレードに参加したり、
担当地域に火災予防のチラシ配布や、消火器点検などの活動を行っている。

私も、自分の所属する分団の皆さんと、火災予防の啓発チラシの配布に参加。

この冬は、年末、年始と火事が多い。
2/19 は、1日に3回も火事があった。

皆さん、火の元には十分気をつけていただきたい。


20090301_01.jpg

20090301_02.jpg