2009.05.29 臨時議会
午前10時より、市役所議場にて臨時議会が開会。

内容は、一昨日、このブログで書いた人事院勧告に伴う夏季賞与の
0.2ヵ月分削減に関する条例改正と補正予算。

職員は0.2ヶ月分、市長、副市長、教育長、市議会議員は0.15ヶ月分を減額し、
総額では約4300万円の減額となる。

職員と特別職の0.05ヵ月分の差については、以下のような説明があった。

職員  :期末手当 0.15ヶ月分 勤勉手当 0.05ヵ月分
特別職:期末手当 0.15ヶ月分 (勤勉手当は出てない)


また、これも一昨日のブログで書いたが、市税条例、国民健康保険の介護分の
改正に関する条例の専決処分の承認も行われた。



今回の人事院勧告は、すでに皆さんも報道でご存知かとおもうが、
例年の人事院勧告はもっと遅い時期であり、また、民間給与との格差を、
4月にさかのぼって算出し、冬季賞与で調整するのが今までのやり方で、
単発に賞与を調整する今回の手法は異例である。

まあ、民間の景気の冷え込みを迅速に公務員給与に反映すると言う動きは
評価できるが、その一方で、政府与党の衆議院選挙対策のための
人気取りではないかという感は否めない。

しかも、地方が厳しい財政事情で運営している最中、省庁が増えるような
議論が絶えない。先日も、教育再生審議会が、オリンピックの誘致や
日本選手の活躍を支援する組織として、スポーツ庁の創設を答申したと言う
報道がなされていたが、こういう国の動きこそ、世情を反映していない、
まったく理解に苦しむ。

省庁が増えれば、大臣がいて、次官がいて、職員がいて、予算がつく。

地方が予算を抑え、人員削減を行っているのと、まったく逆行した流れである。


しかも、税関系の交付はほとんど3月末。地方自治体は、本来ならば、
国の改正に順じた条例改正を議会に提出し審議するのだが、3/31公布、
4/1施行となっており、専決処分せざるを得ない方法ばかり。

こんな、地方の事情を無視したやりかたをしながら、地方分権などできるわけがない。


国による偽りの地方分権論議はまっぴらだ。
午前・午後と、ボランティアや個人の所要などで終日外出していたが、
夕方、帰宅すると、家族から議案書が届いているとのこと。

内容については、先日、全員協議会の件をここで報告したとおり、
上期期末手当の支給月数削減に関する条例改正と、削減に伴う補正予算について。

職員さんの支給月数を0.2ヶ月 分削減。
市長、副市長、教育長、議員については0.15ヶ月 分削減。

この措置による削減効果は約4434万円。
(予算書の該当項目の削減額を単純に足してみた)

また、上記の補正予算のほかに、以下の内容が専決処分されており、
いわゆる事後承認の形で上程されている。

・いわゆる「住宅ローン減税」の5年(H21度~H25度)延長
・固定資産税における地域ごとの土地の負担水準の調整措置をH23まで延長
・国民健康保険税の中の介護保険分の課税限度額を9万円から10万円に改定
・国民健康保険税の所得割を算出するときの所得と控除についての特例規定を整備


この4番目の特例については、条文を読んでみたが、非常にわかりづらい、
というか、率直に言って、わからない。専決処分ですでに処理されている内容とは言え
一度聞いてくる必要があると思っている。


ちょっと話がそれるが、日本の法律は引用や読み替えが多く、がんじがらめ。

日本の官僚主義が、長きに渡って法律を複雑化し、但し書きや例外規定を
盛り込んだりと、都合よく構築してしまったというのが実際のところだと思っているし、
同様の話をしている議員さんもよく見かける。

自分もまだまだ知識不足ではあるが、このへんをひも解いていかないと、
官僚と議論が出来ないなとも感じている。

同様に、税金も複雑。

イロイロな税金が複雑に重なっており、二重課税ではないかと思われるような
税金も多いと思っている。

無駄遣いをなくすことはもちろん、課税の方法をシンプルにすることも、
国民の信頼を得る近道なんじゃないかなーとおもう。

午前8時より、鹿窪運動公園 野球場で開催された、第9回 北関東学童野球大会の
開会式に出席。

天候に恵まれ、日差しの強い中、子供たちが元気に入場。力強い選手宣誓。

野球を通して、健やかに成長している子供達の姿を見ることが出来た。


開会式終了後、場所は変わって、川木谷球場で始球式。

去年は、キャッチャーの上、はるか彼方へいってしまったが、ことしは、
とりあえず、キャッチャーにとってもらえる範疇に収まり、ほっとしている。

その後、結城玉岡クラブと関城ムテキンズの試合を観戦。

監督の指示に一生懸命耳を傾け、打って、守って、走って、投げて、
一生懸命プレーする子供がすばらしかった。

近年、昔と違うなど、いろいろ言われているが、そこには、監督さんや
保護者の皆さんの指示をきき、一度注意された事は友達同士で
注意しあって、同じことで怒られない、そんな素直な子供達の姿があった。

子供たちは、ちゃんと、健やかに成長している。

そんな子供たちを受け入れる我々大人、社会がきちんとすることも
重要だと、そんなことを感じた。

20090523_01.jpg

20090523_02.jpg

20090523_03.jpg


午後3時より、筑波山ホテル青木屋にて開催された
『茨城若手市議会議員の会 設立総会』に出席。

この会は、全国若手市議会議員の会の流れを汲む会で、原則として35歳までに初当選し、
45歳までの市議会議員で構成されている会で全国で300名ほどの会員が所属している。

茨城若手市議会議員の会は25名でスタートする事となった。

総会には、全国若手市議会議員の会 関東ブロックの役員の皆さんも
出席を頂いた中で、茨城若手市議会議員の会 の規約、役員などの決定が行われた。

その後は研修会と題して、流通経済大学 准教授でサッカー部監督の中野雄二 講師、
茨城県大洗町議会 議会運営委員長 国井ゆたか講師のお二人から、それぞれ、
講和を頂いた。

中野 講師からは、サッカー部のチーム作りとまちの活性化と題して、これまでの
ご自身の現役時代、そして、監督としての経験から見たこどもたちの教育や、
チームワーク、まちへの参画について講演をいただいた。流通経済大学の
サッカー部は、関東大学サッカーリーグで2度の優勝をしており、
Jリーガーを多数輩出している名門チーム。2008年度はJリーガー11名、
韓国Kリーグに2名を送り込んでいる。


国井講師からは、5期の議員経験にもとづく、若手議員のあり方や、
議会改革、社会性を持った議員としての政治や選挙、議会活動への取り組みへの
考え方について講演をいただいた。

大洗町議会は、議会改革に取り組んでいる。

議員自ら、一般質問の通告一覧表を、店舗や掲示板に掲載に行き、また、
議会終了後、議員全員が3つの班に分かれて各自治会を訪問して議会報告会を行っている。
そこで、住民と活発な議論が行い、説明責任と、意見収集を公務としてしっかり果たしている。



自分にも当てはまることであるが、いま、議員としての立場や発言の機会を
いただいているが、おおくの諸先輩の方々から比べれば、社会経験、
人生経験が少ないのは否めない。若さゆえの勢いを期待してくださっている方が
いる一方で、社会通念をしっかり抑えて取り組まねばならないと感じている。

その中で、おかしな慣例や、一般市民感覚からみてそぐわない役所独特の文化、
行政独特の文化、そして、議会という不思議な世界で当たり前に感じがちな文化に
メスを入れていければと考えている。



■総会・研修風景

20090522_01.jpg

20090522_02.jpg

20090522_05.jpg


■流通経済大学 准教授 サッカー部監督 中野講師

20090522_03.jpg


■茨城県 大洗町議会 議会運営委員長 国井講師

20090522_04.jpg

2009.05.20 全員協議会
10時より、市役所 議場にて開催された全員協議会に出席。

国の緊急経済対策のための補正予算として組み込まれた、
「地域活性化・公共投資臨時交付金」「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」に
ついての説明や、夏の賞与0.2月分凍結する対応や、世間をにぎわせている
豚インフルエンザへの市の対応などの
説明があった。

■地域活性化・経済危機対策臨時交付金

結城では2億3000万円が交付される予定。
地球温暖化対策、安全・安心の実現、少子高齢化社会への対応 等の
地方単独事業、国庫補助事業の地方負担分への充当ができる。

■地域活性化・公共投資臨時交付金

まだ交付額は未定。地方公共団体が、国と歩調を合わせて、地域での
公共投資を円滑に実施する事を目的とした交付金。

■夏季手当の0.2月凍結

経済の冷え込みから民間企業の夏季賞与が減額になることから、
人事院が、国家公務員の夏季賞与を0.2月分減額する事を緊急勧告。
地方自治体でもこれに順じて減額を行ってほしいとの要請があった。

賞与計算の月額基準日が6/1であるので、その前に臨時会を開いて
手当凍結について審議される見込み。5/29に臨時議会が
開催されるようである。

■インフルエンザ対策について

結城市は筑西保健所と連携を取って対応。

来月に中学生の修学旅行が予定されているが、関西方面のため、
状況を見て、行き先などについて検討する。

市では、防護服、ゴーグル、マスク、消毒液、手袋などの手配を行った。

タミフルは県で備蓄。24.6万人分(県人口の8.3%)




インフルエンザ対策については、たまたま、全員協議会の前日に
健康増進センターを訪問して、現状の対応を伺ってきたところである。

タミフルの備蓄については、お医者さんがいないと出来ないとのことで、
結城市としての備蓄はできず、県が備蓄していることや、結城市医師会と
発熱外来の設置の方法などについて協議を行っている最中であることを
説明していただいた。

また、強毒性の鳥インフルエンザを念頭に置いたインフルエンザ対策を
想定していたため、弱毒性の豚インフルエンザを考慮して、一部、
規制の強い部分を緩和しながら対応したいとの事であった。




一昨日の日記でも触れたが、埼玉県和光市長選挙において松本武洋さんが
見事当選を果たされた。

松本武洋さん 10,901票(市議2期)
柳下長治さん  7,837票(市議4期)
野木 実さん   6,509票(現職。連合推薦)
無効票       245票


日頃からお世話になっており、たった1日だけであるが応援に入ったのもあり、
ぜひとも勝ってほしい、そんな気持ちで、自室で、和光市のサイトを見ながら
結果が出るのをまっていた。

午後11時ちょっとまえにサイトで結果を知ると同時に、関係者から
メールで当選確定の連絡を頂いた。

事務所もバタバタしているだろうとのことで、明日にでも電話を入れようかと
おもっていたところ、午後11時半過ぎに、選対本部の議員さんから、
携帯電話に連絡を頂き、当選報告を頂いた。電話の向こうからも、
現場の熱気が伝わってくる、そんな雰囲気であった。

明日からは、身の引き締まる思いでの仕事が始まると思う。

私のような一介の議員でも、忘れもしない1期目の初当選の夜、うれしさもあるが、
大きな責務を感じた。1時間ほどの仮眠で、駅でのお礼の辻立ちに向かった事を
覚えている。 睡眠不足で事故を起こしては大変と、翌日1日は、後援会の方が
運転手を勝手出てくださり、終日車を出してくれてくれたことを心から感謝している。


和光市 77000人を預かる市の代表に就くのだから、その責務は、
市議会議員の比ではないと思っている。

松本 和光市長の出発を祝福すると共に、活躍に期待したい。


そして、今回のデキゴトを糧に、私自身も精進し、必要とされるならば、
きたるべき時期に、その場所に掛け上がりたい、そんなふうに思った次第である。



20090517.jpg

一昨日の遊説で、終日候補者と自転車で走り回って日焼けし、今日、
顔の皮がむけてしまいました。これも、戦の勲章です。



朝5時半、愛車の乗り込み、一路、埼玉県和光市へ。

埼玉県和光市長選挙に、日本税制改革協議会 でお世話になっている松本武洋 候補が
出馬しているので、その応援に。

色々予定もあり、今日1日しか応援に入れなかったので、その分、今日1日、
しっかり応援したいとの思いで、早々の出発。

現地には8時過ぎに到着し、候補者と駅で合流。
駅での辻立ち、演説に参加。候補者は常日頃、駅での街頭演説や、会報配りを
地道に行っていただけに反応がいい。これの日頃の活動の賜物である。

9時には事務所を出発。私も候補者と一緒に自転車で終日市内を遊説。

和光市は面積が結城の 1/6 。しかも、細かい路地が多く、遊説車も軽自動車。
自転車のほうが効率もよく、小回りもきく。市内のあちこちで、市民の皆さんから
声をかけていただき、激励を頂いたり、要望を頂いたり、また、街頭演説で意見を
うったえたりしながらの遊説。私も僭越ながら、いくつかの場所で応援弁士として
マイクを握らせていただいた。

日頃から「本人」ののぼりを立てて、市内各地を自転車であるき、出会った人と
意見交換をしており、3児の父と言う現役の子育て世代。主婦層からも絶大な
人気があり、一緒に遊説で動いていても、主婦層からの声、子供たちからの声は
あたたかいものがあった。

午後6時からは、再び駅に場所を移しての活動。

余談ではあるが、大学生時代の友人が和光市に住んでおり、連絡したところ、
わざわざ駅に来てくれて、久しぶりの再開を果たす。今回の市長選の事や、
都内の経済の様子、そして私の議員としてのこの先の行く末など、
短い時間ではあったが、色々話をする事が出来た。


松本候補は、市議2期目をなげうっての市長選出馬。
ジャーナリストの経験があり、財政分析に関する書籍も出版している財政通。
その見地で、和光市の財政を見直し、恒久的な福祉の充実や、健康和光の復活を
提唱している。

そんな松本候補に、しがらみのない松本候補に、ぜひ、市長に掛け上がってほしい。

そう思いながら、和光市を後にした。


20090515_01.jpg

20090515_02.jpg

20090515_03.jpg



1日自転車での遊説で、しっかり日焼けしました…。
疲れているのか、私の表情がカタイ。

帰宅後体重計に乗ったら、1キロくらい落ちてました。
以前、日本税制改革協議会の納税者保護誓約書に署名した時の話を
ここで触れた事があるが、その会の署名第一号で、住民感覚をもった議員として、
財政改革に明るい議員として活動されている和光市議会議員の
松本武洋さんが、5/10に告示される和光市長選挙にチャレンジする。

松本さんとは日本税制改革協議会を通じて知り合い、昨年の8月に
私が納税者保護誓約書に署名した時に、立会人となってくださった。

■その時のブログ

http://tacho.blog52.fc2.com/blog-date-20080804.html


常に市民と同じ目線に立ち、街頭での講演会報の配布や演説などを行い、
議員にとって一番大切な市民への報告を常日頃から率先して行い、
そして、お金をかけない、常に市民感覚を持って活動すると言う、
共通した志を持つ同士として、また、同世代の一人として、ぜひ、
この大変な戦を勝ち抜いて頂きたい。


茨城県でも、このところの首長選挙では原色にとって厳しい結果が続き、
国政ばかり出なく、地方自治においても、住民が変革を求めている、
そんなふうに感じている。

松本さんにも、住民に必要とされる代表となってほしい。


松本たけひろ HP

http://www.matsumoto-takehiro.com/index.html

ブログ

http://ameblo.jp/takeyan/

マニフェスト

http://www.matsumoto-takehiro.com/manufest.html


例年に無いくらいの超大型連休を迎えた方も多い、今年のゴールデンウィーク。

例年、この時期は、議会関係や公の日程も少ない事や、時節柄、行楽地は
人が多いことから、あまり外出せず、普段出来ない作業に集中して
時間を充てるようにしている。

議案書等の書類のデジタル化、町内会のHPの更新、自分のHPの更新、
HP公開用のサーバ機器の整備、作業用コンピュータの整備、
サーバ一式の収まっているラックの組みなおし、などなど・・・

夜、運動不足解消のため、ウォーキングに出る以外は、ほとんど、
自室で、バタバタと作業をしていたかいもあって、保留になっていたモノを
ほぼ済ませる事が出来た。


世界に目を向けると、ゴールデンウィーク前からインフルエンザ関係の動向が
話題の中心を席巻している。

空港では、連日、検疫体制が強化されているといった話を耳にするが、
100%国内進入を防ぐのは、難しいと思っている。もちろん、防ぐに越した事は
ないが、国内に侵入する前提で、対策を打つべきだと思うし、言うまでも無く
そういった対応をとっていると思っている。

ぶっちゃけ、まともに防ぐには、国際空港、港など、国外との接点をすべて閉鎖し、
鎖国状態とするくらいの事を考えなければ無理だと思っている。

そうなったとき、資源の乏しい、自給率が低い日本は、身動きが取れなくなって
干上がってしまうのは、だれがみても予測できる事実であると思っている。

目先のインフルエンザの問題から一歩進んで、こういった事態から国民を守りながら、
かつ、自給率をあげて、日本の生産力だけで、国民の生活(当面は食生活)を維持する、
そこまで視野に入れて考えるべきである。



…と言う事を考えながら、5/3 に誕生日を迎え、36歳になりました。

初当選が29歳のときだったので、まだ、20代だと思ってたと言われることがあるが、
もう、30代も後半に突入。

そろそろ、歳相応のことが言えるようになりたい。