6/22 から開始した操法訓練。


今年は私が所属している第5分団が市の代表であることから、

10月初旬の大会まで週3回の訓練。

選手の皆さんの厳しい練習、それを支える団員。

分団が一丸となって取り組んでいる。


今朝も、練習開始前は朝焼けがキレイだなと眺めていたら

練習開始後、突然の雨。雨天の場合は、江川の野菜出荷場を

お借りしての訓練であるが、今日は、開始後の降雨だったので

そのまま訓練続行。


関係者の皆さん、長丁場での訓練でもありますので

ケガや体調不良に注意して、くいの残らないように頑張ってください!

もちろん私も1団員としてしっかり取り組みます!



●6/22 訓練初日

20100622_01.jpg 20100622_02.jpg



●6/27 雨天なのでJA北つくば 野菜出荷場での訓練

20100627_01.jpg 20100627_02.jpg



●6/29 キレイな朝焼けから一転、突然の雨にも負けず訓練続行

20100629_01.jpg 20100629_02.jpg 20100629_03.jpg


2010.06.23 議会が閉会
昨日、平成22年 結城市議会 第2回 定例会が閉会。

いつもは、その日の夜にブログを書くようにしているが、

今回は、頭の中を整理する時間も必要かなと、翌日の報告とさせていただいた。




条例改正4件は原案通りに可決。

農業政策関連の請願2件は、今しばらく審査を要するとの判断から

いずれも継続審査と決定。


また、最終日に追加案件となった下記3案件も、賛成多数で可決となった。

・一般会計    補正予算 3530万円

・水道企業会計 補正予算  625万円

・市有財産の購入(しるくろーど購入)契約の同意


この3案件は、しるくろーど購入の契約の同意と、改修のための予算。



●移転にかかる費用について


上記2つの補正予算のほかに、


・社会福祉協議会の予算から598万円が支出されると答弁

・当初の購入費用 8900万円と、土地&建物の購入費用 約8352万円との

 差額 548万円から、しるくろーど事務所部分の移転費用を支出予定


とのことから、今回の一連の費用は全部で約5301万円となり、

現時点で、3月議会で説明された2500万円の倍となっている。



●購入契約の同意の議案について


2000万円以上、5000平方メートル以上の土地を売買するには

議会議決が必要だが、今回は該当しないため、同意案件として

出てこなかった。よって、議案としては、建物分 7144万2000円の

購入契約のみの同意案件となっていた。



●共益費や光熱水費用


今回の補正予算では、工事期間中の4か月分として

下記のものが計上されている。


・光熱水費     148万6000円

・土地借上料     39万2000円

・共同施設利用料 347万5000円


これを単純に足し算して3倍して年間としてみると

1605万9000円となる。(立川 計算)

光熱水費は、市役所本庁舎の経費を、面積比率で積算したとの答弁。



●細かな契約条項はこれから


土地&建物の購入の仮契約は 6/14 に済まされている。

議会で議決を図るにあたり、共益費の契約や、大規模修繕の場合の

費用負担の問題などの条件は、これから調整するとのこと。

契約の妥当性をチェックするために、議会に提出するのが当然だと

主張したが、議会には提出されなかった。



●土地の確保面積の不足について


当初購入が必要と説明された400平米の土地だけでは、

しるくろーどに万が一の事態が発生した場合、購入した3階と4階の一部の

所有権を主張するには弱いとの理由から、取得面積÷総床面積=約29% の

比率に該当した土地が必要であるとのことから、土地借り上げ料として、

新たな出費がかかることも判明した。借り上げ予定の土地は抵当権が

設定されていることから、比率に応じた割合を確保しても、不測の事態に

所有権主張できる確立(※)は6~7割で、完全ではなさそうな答弁があった。


※「確立」という表現が適切ではないかもしれないが、「比率」と書くと、

 土地の比率と勘違いされるのではとの個人的判断で、より伝わりやすいように

 「確立」という言葉で説明



●事務所の移転費用額について


窓のない施設であるという指摘を受けたことから、窓のある部分も購入して、

この批判を回避しようという理由からであろうか、市議会の総務委員会が

3階を全て購入すべきという付帯意見をつけ、議決された。これによって、

しるくろーど事務所の移転が必要となったため、市がその移転費用を

出すことになった。





今回、私が感じたポイントいくつかあるが・・・



改修費が、既に当初予定の2倍となっていること。

かつて市が購入した結城ホテル(元 教育会館)も既に改修費用として

1億円以上投入していることから、今後の改修費の発生が懸念される。



光熱水費も、事務所としてつくられた市役所の費用を、単純に面積比で

計算して積算したのは、計算が甘い。
議員から「積算根拠が甘い」との

指摘があったが、執行部からは堂々と「やってみなければわからない」

答弁があり、びっくりした。



私個人の予想としては、今後、改修が終わった後に、

各設備が稼動するにあたり不足している備品の購入が発生し、

さらなる出費があるものと考えている。 次世代育成ルームは

今まで無かった施設であることから、新規整備として

費用発生が予測される。



社会福祉協議会が移転した後、消防団1分団の詰所として

稼動するわけだが、詰所としての整備が必要であり、

追加費用の発生も予測している。



契約については、当初予算では土地&建物の購入費用として

8900万円が計上されたのに、条例上問題がないという理由で

土地を除いた同意案件となってしまったことは、理解ができない。

また、購入物件の説明文は、住所、面積、購入費用、取引先、地図のみ。

議会で色々と懸念された問題について、細かい条件がわからず

共益費や修繕費、その他契約に関する細部についても、明確にならないまま

仮契約が実施され、議案書に添付されることも無かった。


しかも、土地の不足が露呈し、借り上げによる確保を行ったとしても、

主張できる確立が100%でない
のは、論外である・・・。



市側は「市が必要だから買う」との説明をしているが、昨年暮れに、

しるくろーど経営陣が各議員を回り、税金の滞納があることから、

物納的な意味合いで、購入の要望をしている。よって、救済をした上で、

さらに事務所移転費用を市が出すというのは、理解ができなかった。


また、議会の付帯意見が、購入面積を広げ、移転費用の発生を生み、

蛇足であった
と感じている。



今回の購入の必要性のそもそもの問題であった第1分団の詰所。

土地を確保し、新規で建てたとしても、5300万円までかからないし、

詰所の年間経費も1600万円もかからない。

問題を端的に解決したほうが、市財政にとってもコスト削減 かつ 効果的。



こういった部分を整理してみると、3月議会でとにかく予算が承認され、

これだけの契約・準備の不備がありながら、最終日にいきなり追加で議案を出し、

たった1日の審議で議決を迫った執行部、そして、こういった不思議な状態の案件を

賛成する議員の考え方は、私自身は、全く理解ができなかった。



市では、これ以上の出費は無いと説明しているが、分庁舎整備としては

これで終わりだったとしても、今後、各セクションが稼動するにあたり、

不足している品物や整備費用が、各部局にちらばって出てくるのではと

考えている。

市は違うと説明すると思うが、私自身は、そういった出費項目は

移転したからこそ発生した費用、つまり分庁舎整備と同じであると

とらえており、今後もしっかり把握し、伝えていきたいと考えている。


今回の産業・建設委員会は、審議案件が請願2件のみであることから

午後1時半からスタート。

現地視察で、市道0230号線(北茂呂~東茂呂)道路改良、

結城第一工業団地 矢畑拡大地区 土地区画整理事業を視察。


請願の2件はいずれも農政関係。

委員会では、国の動向を未ながら判断すべきとのことで、

いずれも継続審議ということで、本会議に送られた。


今回の請願でもわからない言葉がたくさんあったので、

ネットで意味や事業内容を調べながら時間をかけて

チェックしてみたが、私は農政関係の知識が少ないので

理解するのに時間がかかってしまった。


ま、昨年の委員会の改選で、農政関係に触れてみたくて

この委員会を志望したので、意義はあると思っている。



●市道0230号線(北茂呂~東茂呂)道路改良

20100615_101.jpg  20100615_102.jpg

20100615_103.jpg  20100615_104.jpg



●結城第一工業団地 矢畑拡大地区 土地区画整理事業

20100615_201.jpg  20100615_202.jpg

20100615_203.jpg  20100615_204.jpg

20100615_205.jpg  20100615_206.jpg

20100615_207.jpg  20100615_208.jpg



朝8時から、公達クリーン作戦に参加。


町内会の皆さんや、高砂会(老人会)、街づくり委員会は

コミュニティーセンターの清掃や、境街道沿いの除草作業を実施。

公達こども会は、町内のゴミ拾いを実施。


多くの方々の協力により、約2時間ほどで清掃作業が終了。

今年もたくさんの雑草が除去された。

20100613_01.jpg 20100613_02.jpg 20100613_03.jpg

20100613_04.jpg 20100613_05.jpg 20100613_06.jpg

20100613_07.jpg 20100613_08.jpg 20100613_09.jpg


正午あたりから場所を移して、懇親会をかねたバーベキュー。

一緒に作業をした皆さんと、食事をしながら楽しいひと時を過ごす。


20100613_10.jpg 20100613_11.jpg 20100613_12.jpg



午後4時からは、消防団5分団 後援会の総会に出席。

一応、来賓として招待を頂いているものの、私も現役の団員であり、

消防関係の行事は、いつも微妙な立場で不思議な心境での参加。

今年は、私たちの分団が結城市代表で操法大会に出ると言う事もあり、

どういった形で進められるのか、などの報告事項や、自治会への協力依頼など

中身の濃い総会であった。


団員の皆さんが一丸となって取り組んでいるだけに、

地域の皆さんや関係者の皆さんには、引き続きのご協力を御願いしたい。



午前10時から、あやめ祭りの開会イベントに参加。


姉妹都市の長井市から、あやめの株を分けてもらったことが縁で、

転作の一環としてあやめ園として整備されたことが発端で

本イベントが行われるようになって、10年以上が経過。


今年は、天候の影響なのか、はたまた連作によるものなのか

素人の私にはよくわからないが、例年にくらべて

ちょっとさびしい感があるとの関係者のお話であった。


とはいえ、地域の皆さんが日ごろから整備に尽力され、

こういった行事を続けていくことは非常に大変である。


地域おこしの一環として、是非続けて行って

頂きたいと思うところである。


20100612_01.jpg 20100612_02.jpg

20100612_03.jpg 20100612_04.jpg

20100612_05.jpg



午後からは、青少年育成市民会議 城西支部総会に出席。

挨拶運動、標語の掲示、地域への花のプランター配布、

三世代ふれあい祭りなどを通して、子どもたちの健全育成に

尽力されている会であり、PTA・学校・地域など多方面で

一線で活躍されている皆さんと交流できることは、私にとっても

地域の状況をしっかり聞ける場として重要視している。

総会、懇親会を通して、皆さんと話ができたことが

何より有意義であった。


2010.06.11 一般質問 終了
一般質問が終了。

今回は全部で8名の議員が登壇。

私は全体では7番目で、6/11 午後1時半からの質問。

質問内容は 6/1 のブログでも書いたとおり。



●分庁舎整備事業について

①事業の進捗状況について

②子育て支援関係施設としての適用性について

③市民からの意見の集約方法について


●結城駅南口の整備について

①これまでの整備の経緯について

②ロータリー周辺の改善策について


●教科書の内容増加に伴う当市の取り組みについて

①現状分析について

②教育委員会・学校の取り組みについて



このうち、私にとっても最大の関心事であった

「分庁舎整備事業について」では、3月議会から今日に至るまで、

確認するたびに、入ったり、入らなかったり、言葉を変えて出てきたりと

「子育て支援センター」がどうなるか迷走していたが、結局は、

入らないこととなった。実際、利用している方々からも、分庁舎への

移転はしてほしくないとの意見も頂いており、3月議会当時、

何を根拠に検討していたのか疑問であるということも述べさせて頂いた。


また、議会初日の市長の署名に対する見解についても、

市民の声を聞くべき市長の姿勢とはかけ離れたような内容であり、

おおいに問題があると思っており、以下の点を指摘した。


・署名の文書にあやまりがあるなどの指摘があったが、

 市が買う必要性に対し、危惧している点、買わなくても済む理由を述べた上で、

 理解を頂いた方が署名を下さったのであって、間違った情報を元に

 誘導しているというのには当たらないと考えている

・賛成だから署名できないと、はっきり言ってくださったかたもいた

・「地域性に偏りがあるので市民全体の意見ではない」との指摘もあったが、

 署名簿だけをみたらそう判断するかもしれないが、意見を聞いてみると、

 名前が出てしまうことによって、地域での生活に支障をきたすかもしれない

 という理由で署名できないという意見があった。

・署名ではなく、住民投票のような、無記名で意思を示すことができれば、

 ハッキリと自分の意思を示すことができる、という意見も頂いた。


これらを指摘して、市長に、市民の反対の声について見解を聞いたが

内容は、議会初日の答弁と同じで、署名の信憑性が欠けるという答弁。


また、一番最後の指摘であるが、反対であるが、いろいろな関係で

名前を書けないが、住民投票であれば無記名だからハッキリ反対できるという

意見を下さった方がいるので、住民投票などの実施を求めてみたが、

市長からは「その考えはない」との答弁。


市民の声を公平に聞く方法は無いものだろうか・・・



2010.06.09 定例会が開会
本日(6/9)より、6/22までの日程で、平成22年 結城市議会 第2回 定例会が開会。

今回の議会は、補正予算が無く、条例改正4件、請願2件の計6件。

本会議の冒頭、市長からの提案理由説明のなかで、分庁舎整備事業に

関する進捗の報告があった。


(1)不動産鑑定結果について

第1回 定例会で付帯された決議(3階を全て買う 等)を受け止め、

3164.4㎡ を購入するための不動産鑑定を実施。

2社から鑑定を取り、安価な83,522千円を採用し、

これを参考に契約に向けて進めている

 A社 84,796,150円

 B社 83,522,000円



(2)署名について

以下の理由から信憑性に欠けるものと判断。

・署名用紙に書かれた内容に誤った表現が多い

・署名者の基準が明確でない

・家族が同筆で書かれている

・重複がある



実際の署名者は約半数(3420名)。

市民に正確な情報が伝わるよう、経過は引き続き周知していきたい。



私自身は、市民の声を結集した署名に対して、

その声、なぜ市民が反対しているのか、理由を聞こうとせず、

こういった決め付け方で署名を否定することは、

正直びっくりしたし、こうも市民の意見をバッサリ切れる

首長はお目にかかったことはない。


今回の決断には強い信念があるように見受けられるが、

決断力があることと、市民の声を聞かないで決断することは

ちょっと違うと思うのは私だけだろうか?



もし私がその立場であるなら、市民の前に出て、

市民が危惧していることをよく聞いて、1つ1つ説明し、

理解を求めるだろう。そもそも、そのまえに、

こんな無茶なことはしないが・・・。



いちいち反対運動を行っている人に、反論するより、

私たちが訴えていることを、市民にちゃーんと説明して、

市民の疑問を取除いて、市民運動側の訴える点を

1つ1つ取除いてしまうことのほうが、よっぽど打撃なのである。

説明する相手を間違えているような気がしてならない。



政治の常道である 「市民に理解を求める」 ことをしないで、

批判と都合の良い解釈をするだけでは、市民は理解しないと思う。



また、お知らせ版で情報を出したとはいえ、決まったことを報告しただけ。

市民の皆さんが意見を述べる機会は失われている。

これで市民参画、協働の街づくりを提唱しても、市民は理解しない。


とあるご縁で、「間々田ひも」の工房を見学。


間々田ひもとは「手組みの日本古来の紐」だそうで、

羽織の紐として使われたり、現在ではアレンジが進んで、

携帯電話のストラップや、下駄の鼻緒につかったりとされている。


たくさんの糸の中から組み合わせを選び、幾重にも織り込むように

手で組んでいる手法は素晴らしく、工房の中まで上がりこんで

機械を見せていただいた。うちの母親もかつて機織をやっており、

機のパタパタという音を当たり前のように聞いていただいてに、

こういった機械で手で作っている様には相通ずるものが感じられた。


作り方によって模様も様々、たくさんの糸の組み合わせで雰囲気も変わる、

リバーシブルのようにどちらの面を表にしても使えるような技法、

見ていてドキドキしてしまった。


良い機会を与えていただき、ありがとうございました。


 ⇒ 「間々田ひも」さんのサイト



20100608_01.jpg 20100608_02.jpg

20100608_03.jpg 20100608_04.jpg

20100608_05.jpg 20100608_06.jpg



ポスティングなどをおこなっていると、あちこちで猫とであう。

近所の情勢を聞いてみようと「うにゃ!(こんにちは)」と

声をかけるのだが、たいていは無視されてしまう。


たまたま今日は、先方も「うにゃ」って答えてもらえたが、

どういう意味だったかは解らない。ただ心が通じ合ったのか、

しばしの間、交流はできたが、特に変わった情報は得られなかった。


20100608_11.jpg



ちなみに、先日は、ポスティング先の庭先にしゃがみこんで

猫と交流していたら、不審者と間違えられそうになった・・・。


首相が変わったあたりから、以前からそうであったかのように

消費税率アップの話が出てきているが、その前にやることがあるのではないか・・・


ムダの撲滅、天下りの根絶によって、相当なムダを省くことができる。

それが先であると思うし、そのような政権公約であったような気がするのだが。


それも道半ばで、結果もハッキリしないうちから増税の話は

いかがなものかと思う。



政権を取って1年弱で結果を出せとは言わない。

増税議論を避けることは、政権与党として無責任とのことから

批判を覚悟で公約に掲げるつもりなのだろうが、

やるべきことの結果が出てないうちから増税を当然のように

出してくることは正直理解ができない。



時間をかけ、無駄を省き、これだけのムダが削減できたが、

社会保障を確保するためには、これだけ足りない、だから、

歳入の方法を考えたい、という論法が普通だと思うのは私だけだろうか。



いまのままでは、政権交代しても、国民目線の政権とは言いがたい。


本日、平成22年 結城市議会 第2回 定例会の議案書が配布された。


今回の議会は 報告1件、議案4件、請願2件の計7件。

補正予算も無く、大変案件の少ない議会。

私の所属する産業・建設委員会には議案の付託は無く、

請願2件が付託され、審議をすることになっている。


一般質問には8名の議員が登壇。

私は7番目で 6/11(金) 13:30から70分の予定。

私の通告内容は以下のとおり。


●分庁舎整備事業について

①事業の進捗状況について

②子育て支援関係施設としての適用性について

③市民からの意見の集約方法について


●結城駅南口の整備について

①これまでの整備の経緯について

②ロータリー周辺の改善策について


●教科書の内容増加に伴う当市の取り組みについて

①現状分析について

②教育委員会・学校の取り組みについて



他の議員の通告内容についても、市役所の議会事務局のHPに

掲載されているのでご覧を頂いて、皆さんにとって興味ある話題を

取り上げている議員がいましたら、是非傍聴をいただけたらと思います。


 ⇒ 結城市役所 議会事務局 一般質問通告のページ


私のサイトにも通告内容と日程を掲載。

私のサイトには、各議員の登壇予定時刻も掲載しているので、

議会傍聴の際の目安にして頂きたい。

ただし、あくまで予定であり、各議員の質問の状況によって前倒しと

なることもあるので、ご了解を頂きたい。

 ⇒ 立川ひろとしサイト 平成22年 第2回 定例会