午後1時半から国民健康保険運営協議会に出席。

今回の補正予算は高額医療費の支出見込みの上方修正と

療養給付費の減額に伴う補正。委員会自体も30分強で終了。


会議の前に12月議会の議案書を頂く。

私の一般質問は先日ブログで触れたとおり 12/9 10時から。

今回の一般質問の登壇者は6名でいつもより少ない。

11月中は水道問題の調査委員会があり、尋問など慌しかったのか…

しかしながら水道問題の調査委員会の際に尋問に立っている議員は

全体の半分弱。


質問することが議員活動の全てではないとは理解をしているが、

市民の皆さんには、質問者が少なく議会が活発化してないというところから

議員不要論というものが出てきてしまうのかなとも感じている。


議員が活発に発言をし、行動し、情報を発信し、市民に必要な組織になれば

皆さんから定数減も報酬減も指摘されなくなるのだろうとも考えている。



そのためにも議会改革の必要性を提案したが…。

本日も調査委員会。

全部で4名の証人の方への尋問が行われた。

まだまだ聞かねばならないことがたくさんある。


疑うことは好きではないが、いろいろな資料や

その当時のシチュエーションから起こりうることを考え

1つ1つ確認していく。


地味な作業が続きます。
防災ひろばの終了後、片付けや遅めの昼食など、なんやかんやで

夕方4時過ぎに帰宅。顔を洗って着替えてアクロスへ。


午後5時から、アクロス大ホールで催された

結城市民劇 「埋み火の如く」結城秀康の生涯 を観劇。


結城秀康の出生の秘話から生い立ちを描く中で、

自分が持って生まれた使命とはないか、何をなすべきかに

気づくことの大切さが描かれた。



昼間の講演では中学生も観劇されたとの事。

「生まれ持った使命」の意味を学生さんたちはどのように感じ、

どのように自分に置き換えて考えてくれたのだろうか…。


社会が混沌とし、将来に不安を感じることもあるのではないかと思うが、

なにか1つでも目的を持って、それに向かって努力してまい進し、

力強く社会に向かって生きて行ってほしいなと願うばかりである。




今回で4回目の市民劇。

回を追うごとに出演者の皆さんの表現力もゆたかになり

演出の面でも見せ方の幅が広がっているなあと感じる。



私が残念に思ったのは、見る側のマナーに問題があったこと…

観劇中に私語に勤しみ、ぶつぶつとしゃべっている人がいたり、

携帯電話をマナーモードにしないで、電話がかかってきて

しまったのか着信音を出している人がいたり…。

一生懸命演じている方々に失礼だなあと感じた。



見る側もマナーをしっかり守って

素晴らしい作品をみんなで楽しんで見て頂きたいと思う。



関係者の皆様、大変お疲れ様でした。




20101128_201.jpg 20101128_202.jpg
20101128_203.jpg 20101128_204.jpg

※携帯カメラでの撮影のため、画質が悪いのはご容赦ください。


早朝から消防団の皆さんと一緒に「防災ひろば」に参加。


結城市総合防災訓練として開催され、市内の多くの団体の方々の参加のもとに

いろいろな訓練が行われたり、防災、災害対応の機器や車両の展示も行われた。


消火器体験、バケツリレーによる消火、避難所体験など

災害の疑似体験に多くの皆さんが参加。市内の幼稚園・保育園のこどもたちも

水消火器の体験をしたり、消防車やパトカーの運転席に乗せてもらったりと

歓声をあげながら楽しんでの参加。


災害はいつ、何時、どんな形で襲ってくるかわからない。

内容も予測のつくものとは限らない。

もちろん災害発生の際には、都道府県や近隣からの応援もあるだろうが、

発生から48時間くらいの初動の時間帯は市単独での情報収集や対応を

せざるを得ない。市にとどまらない大規模災害の場合には、さらに、

市単独でしのがなければならない時間が延びることもあるだろう。


予測のしづらいなかで、いかに色々なことを想定して準備し、

訓練をし、日ごろのネットワークをつくっておけるかが重要であることからも、

この行事を継続し、住民への意識付け・啓発に努めていくべきである。



20101128_001.jpg 20101128_002.jpg 20101128_003.jpg
20101128_004.jpg 20101128_005.jpg 20101128_006.jpg
20101128_007.jpg 20101128_008.jpg 20101128_009.jpg
20101128_010.jpg 20101128_011.jpg 20101128_012.jpg
20101128_013.jpg 20101128_014.jpg 20101128_015.jpg
20101128_016.jpg 20101128_017.jpg 20101128_018.jpg
20101128_019.jpg 20101128_020.jpg 20101128_021.jpg
20101128_022.jpg 20101128_023.jpg 20101128_024.jpg



正午から、消防団のみなさんと防災ひろばの準備に参加。

以前は 「消防ひろば」 として、結城の北と南でそれぞれ開催されていたものが

総合防災訓練を目的に 「防災ひろば」 に改められて今回で4回目。

夕方4時くらいまでかかって、テントの設営や各種訓練用機材の準備。


関係者の皆さん、おつかれさまでした。


20101127_01.jpg 20101127_02.jpg

20101127_03.jpg 20101127_04.jpg

20101127_05.jpg 20101127_06.jpg


本日は11時から開催された調査委員会に出席。

当初は10時から開会で合計で5名の証人への尋問が行われる予定であったが

諸事情により1人の承認の尋問の予定が変更になったので、

11時から開会で4名の証人への尋問となった。


私は本日は3名の方への尋問を行ったのだが、

正直、こういった尋問は難しい。


あまり余計な文言をつけすぎると誘導尋問のようになってしまうし、

よくばって一度に色々聞いてしまっても、証人も私も混乱してしまい

受け答えに相違が出たり、聞いたことと異なる証言となっても

気づかないままに流してしまうかもしれない。


今夜も、これから今日の尋問内容の整理を行い、

次回の調査委員会につなげようと思う。



午前10時から臨時議会に出席。

案件は、人事院勧告に伴う職員給与・期末手当の支給月数の改定と、

議員定数の削減について。


●人事院勧告に伴う職員給与・期末手当の支給月数の改定


 ・職員の給与月額を平均 0.1% 引き下げ

 ・期末・勤勉手当の支給月数を 年間4.15月 ⇒ 3.95月 (0.2月引き下げ)

 ・55歳を超える職員で給与表6級以上のものは給与月額を 1.5%引き下げ

 ・市長、副市長、教育長、市議会議員の期末手当の支給月数を

  年間 3.10月 ⇒ 2.95月(0.15月引き下げ)

 ※今回の人事院勧告 自体の削減効果は約 ▲5,600万円 (立川計算)


●議員定数削減について

 ・現在の定数21名を平成23年1月1日以降に実施される一般選挙より19名とする




また、臨時議会 終了後に引き続いて開かれた全員協議会に出席。



●平成23年度 予算策定について

 ・普通会計における財源不足見込額が現在 2億2500万円であり

  今後、ヒアリングなどを行っていく状況


●指定管理者の選定について

 ・指定管理者選考委員会において、鹿窪運動公園、市民文化センターの

  平成23年度~27年度の指定管理者に結城市文化・スポーツ振興事業団が

  候補者として選考された

 ・今度の12月議会で同意の議決を得る予定


●結城中学校 管理棟 耐震補強工事の追加工事について

 ・現在の補強工事に加えてトイレ改修工事(14ヶ所)を実施

 ・設計変更学は約3600万円の増額




また、本日の臨時議会開会前に一般質問の通告を行った。

ちなみに今回の通告順番は1番目であり、まだ議会運営委員会が

開かれていないので、確定ではないが、現在の見込みでは

一般質問 初日(12/9)の午前10時からであろうと予測している。


議会運営委員会が開かれた後に確定した日程が出てくるので

あらためてブログでお知らせしたい。





午前10時から、水道問題の調査委員会に出席。

証人尋問3日目。

6名の証人に出席を要請しての尋問。


本日は私も尋問をおこなった。

議会における政策を問う質問ではなく、

むしろ裁判に近いような形での質問であり、

難しいと感じた。


次回の委員会でも、尋問者となる予定でいることから

今日の質問の仕方と回答をよく検証して

次回の委員会に望みたい。



公達稲荷神社 氏子の皆さんと、例大祭に参加。

町内でとれた稲わらを用いてしめ縄をつくり、鳥居や本堂に奉納。


その後、健田須賀神社の宮司さんにお出でいただいて

無事に奉納、例大祭が終了した。


公達稲荷神社は町内会主催の納涼祭の会場として、

また年越し祭の会場として、町内の方々が集まる機会が多く、

氏子の皆さんや、関係者の皆さんのご尽力のおかげもあって

コミュニティーの場として賑やかになりつつある。


それ故に、本日の例大祭も、地域にもっと広く知って

もらえればなと思うところである。



20101121_01.jpg 20101121_02.jpg 20101121_03.jpg
20101121_04.jpg 20101121_05.jpg 20101121_06.jpg
20101121_07.jpg 20101121_08.jpg 20101121_09.jpg
20101121_10.jpg 20101121_11.jpg 20101121_12.jpg


今年も公達コミュニティーセンターで議会報告会を開催。

当選以来7回目(※)となる今回の報告会。

今年は、分庁舎整備事業(しるくろーど購入)と

水道 無許可井戸 掘削の2本の話題を中心に報告会を実施。


約20名の方においでを頂き、報告会というよりは

座談会のような雰囲気で、パワーポイントでの説明を聞いて頂いた後に

質疑応答を受ける形でおこなわせて頂いた。


新聞にも掲載されたが、調査委員会での調査中ということもあり

情報がひろく出ていない無許可井戸問題について質問が集中。


本来であれば全ての質問にお答えしたかったのだが

調査中ということもあり、全てお答えできなかったのは残念。


ざっくばらんに色々な質問を頂いたり、情報を提供したりと

あっというまの3時間であった。


本来であれば、こういった議会報告会は議会全体として

公式におこなうのが望ましい。私一人では把握できていない部分も

複数の議員でおこなうことによりカバーできて、より中身の濃い

議会報告会ができるからである。全国でも、議会公式の報告会を

おこなうところが増えてきている。


私自身も、自分の議会報告会は今後も続けていきたいと考えている。



20101120_01.jpg 20101120_02.jpg

20101120_03.jpg 20101120_04.jpg



※議員就任の翌年から報告会を始めたので

 議員は8年目であるが、報告会は今年で7回目
ここ数日、パワーポイントと格闘。

議会報告会に向けて、報告資料を作っている。



パワーポイントの便利なところは

資料を配布せず見せることが出来ること。


一度紙として配布した資料は永遠にのこってしまい、

どこへ行ってしまうか、誰の手に渡るかわからない。


いつも配布している後援会報は、書き上げた文章を

何人かでチェックし、誤字脱字・表現などをチェックしてから

発行している。



その点からすると、パワーポイント+プロジェクタであれば

配りたくないけど見せたい情報を使うことが出来たり

ただ話をするよりも分かりやすく伝えることが出来るからである。



とはいいながらも、文字や表・グラフに写真を組み合わせたもので

デザインセンスのかけらもない。


学生時代から美術はニガテであったのが顕著にあらわれている・・・


もうすこしデザインセンスがあればなあとしょんぼりしながら

パワーポイントに向かっている。


午前4時ごろ、火事で出動。

現場に向かう途中で誤報であったことが無線で周知され

詰め所に戻って午前5時ごろに解散。

この寒空の中、被害にあわれる方がいなかったのはよかった。



午後から臨時の市議会全員協議会が開催され出席。

議員定数削減について意見交換を図る。

これについては、11/8に結城市自治協力員連合会から

定数削減の請願(現行21人⇒18人)が出された。


 ⇒ 11/9 毎日新聞 結城市議の定数削減求め請願

  ※ ほかに朝日新聞・茨城新聞でも掲載


市議会でも9月初旬に各会派ごとに議員定数削減に関する

意見調整をおこない、方向性を出すための作業に着手していただけに

議会としての方向性を出すことが遅れていたことは残念。


現段階では議論中であることや、請願も議会にかけられてないこともあり

結果や請願に対するコメントは議会での結論が出た後に

あらためてこのブログでふれたいと考えている。



午後7時、つくば市内。


12/3に告示される茨城県議会議員選挙 つくば市選挙区に立候補を

予定している 星田こうじ 前つくば市議会議員の事務所を訪問。

  ⇒ 星田こうじ オフィシャルサイト

  ⇒ 星田こうじ 行動派通信(ブログ)



事務所には多くの支援者があつまり会議が開かれており

今後の活動にむけての打ち合わせや情報交換がなされていた。


また、岡田参議院議員や、星田さんを応援するつくば市議の皆さん、

政策研究会のメンバーも出席。星田さんと後援会のみなさんに

激励のあいさつをさせて頂いた。


星田さんとは茨城市町村政策研究会を通じてのご縁をいただいた

県内の若手市議会議員の同士でもある。


今回の県議選は区割りの変更や政権交代の影響もあって

各選挙区で大きな動きがあり、政策研究会のメンバーの中でも

何人かが県議選へ出馬を予定しており、この変化によっては

来年の統一地方選にも波及するものと思われる。


若手の仲間のステップアップは本当に頼もしい。

ぜひとも勝利を目指してがんばってほしいと思うし

私も・・・という想いでいる。


20101114_01.jpg 20101114_02.jpg
20101114_03.jpg 20101114_04.jpg


2010.11.14 火災予防週間
消防団の皆さんと火災予防週間の啓発活動に参加。



市内全分団が火災予防の周知のチラシをそれぞれの

分団区域のお宅へポスティング作業。

私も分団の皆さんと一緒に5分団区域のポスティング作業に参加。



また消防署の車両や偶数分団のポンプ車が参加して

パレードも実施された。



これから空気の乾燥する時期、火を多く使う時期を向かえ

火災が多くなっていく時期に突入する。


みなさん、火の元には十分ご注意ください。


市民文化センターアクロスで開催された教育振興大会に参加。

茨城県では、教育に対する関心と理解をいっそう深める機会として

毎年11月1日を「いばらき教育の日」、11月を「いばらき教育月間」と

定めている。

その一環で、教育振興大会が開催され、市内で教育関係に尽力された方々の

表彰や、教育研究に関する事例報告などがおこなわれた。


20101113_01.jpg 20101113_02.jpg
20101113_03.jpg 20101113_04.jpg
20101113_05.jpg




3時からは同会場にて「人権講演会」が開催され、引き続き出席。

市内小中学生による人権に関する作文の朗読や、講師による講演会。


人権に関する作文では、3人の生徒さんが朗読をされたが

特別すごい活動ではなく、日常の生活の中で感じたまわりの人たちへの

思いやりの大切さが表現された素晴らしい作文であった。


講演では きぼうのいえ 施設長の山本雅基さんから

「きぼうのいえを通してみた いのちの姿」と題して

身寄りのない方々を対象にした在宅ホスピスを運営する中で

その人の存在を認めることの大切さについての話を拝聴。


人は感情の生き物であり、2人以上いれば

これまでの生き方や感性、考え方の違いからぶつかるものであると、

私自身は常々考えている。


それでも相手の存在を認めていくこと、これは言葉では簡単であるが

難しいことだと思う。全ての人たちがこれができたら

争いごとも殺人も戦争もおきないのだろう。


だからこそ「存在を認める」ことが大切であることを

あらためて認識した講演会であった。


20101113_06.jpg


町内への配布がおわったことから、今度は団地や駅での会報配布を実施。

昨日(11/11)は駅北口、今日(11/12)は駅南口で会報配布。


ちょっとでも市政に関心を持ってもらえればいいなとおもい、

学生さんも含めて全ての方に声をかけながら渡しているが、

このところ学生さん(高校生)が会報を受け取ってくださることがおおい。


余談であるが、起債(借金)をするときに

行政側は「将来との負担の均衡」と説明をするが、

決定されたときには有権者ではないので意思表明ができないまま、

今の大人によって負担を決められてしまっている人もいるのである。

だからこそ均衡財政が必要なのだと思う。


学生さんたちに興味を持っていただくことは非常にうれしいし、

選挙権のあるなしに関わらず思っていることは行政に伝えてほしいと思っている。



また、昨日(11/11)は市内の4団地 計300戸へポスティング。


とある団地の庭先におられた方に挨拶しながら会報を渡したら

「しるくろーどの件ではどっちだったの?」と聞かれる。


当時、反対のスタンスで行動していたことを伝えると

「経過もしっかり追いかけて、また教えてほしい」と。


議会では購入が決定したが、市民の皆さんからは

いまだに経過について聞かれたり、意見を頂くことがある。

問題は風化していないと感じる。


これも、地域を歩いているからこそ感じる

市民の皆さんの率直な声なのだろう。
2010.11.10 あいさつ運動
11/9・10の2日間、青少年育成市民会議 城西支部の皆さんと

城西小学校であいさつ運動に参加。

この2日間は結城中学校の皆さんも参加してくださり、

大変頼もしい。


寒い中ではあったが、みなさんの「おはようございます!」の声かけに

生徒の皆さんも元気にあいさつを返してくれた。

すがすがしい朝を迎えられる、そんなあいさつ運動だった。


20101109_01.jpg 20101109_02.jpg 20101109_03.jpg


10/4 のあいさつ運動で、参加してくださった方が

写真を撮ってくださった。普段は、撮影する側がおおく、

自分の活動の様子の写真を持っていなかったので

気恥ずかしかった。


20101109_04.jpg


午前10時から、結城市男女共同参画プラン推進委員会に出席。


市の色々な事業の中で男女共同参画がどのように取り組まれているか

目標と結果が列挙され、推進状況の評価を行うわけであるが、

関連事業も大変多く、評価も非常に難しい。


男女共同参画そのものをPR・推進する事業もあれば、

ふだんの普通の施策の中で、男女共同に配慮して行うべきもの、

など、さまざまな形での関わりがあるからである。


さらにその中にも、男女共同参画に配慮すべきもの、

男女共同参画である以前に対象者に平等に行われなければならないもの、

取り扱い方によってもさまざまであったりする。


「男女共同参画」の最終目標は

「男女共同参画」を強く意識しなくても

「男女共同参画」がごく自然に行われることだと自分では理解している。


自分でも気がつかないうちに

あたりまえと思っていることが

「男女共同参画」の理念にそってない部分があることに

気がついて、意識を変えていくことが

スタートなのではないかなと思うところである。

本題の前に…

8時半過ぎに、後援会報の発送手続をするために郵便局へ。

今回は10月中にいろいろな行事があったり、

議会報告会の開催通知もかねていたこともあって

発送を大幅に遅らせたが、無事に発送できてほっとしている。

今後は駅での配布やポスティング作業を早めに終わらせたい。


■郵便局にて引き渡す直前の会報

20101108_01.jpg



郵便局での手続きが終わって、市役所へ。

10時から開催された水道問題調査委員に出席。


今日は5名の証人に尋問を実施。

前回と今回の2回の尋問で、ある程度、証人の証言が

出そろってきていることから、各証人の答えた内容を整理し

一致している点、相違のある点を把握する作業を

個人的にやっておこうかなと考えている。



2010.11.07 あくと祭り
朝1番で所要を済ませて「あくと祭り」に参加。

農業法人 宮崎協業が毎年この時期に収穫祭をかねて催しているお祭り。

例年、見に行きたいなと思いながらも、消防団関係の行事と

重なって参加できなかったが、今回、初めて会場をお邪魔して

皆さんと一緒に楽しませて頂いた。


結城市内外から多くの方々が訪れ、会場内のあちこちで振舞われた

食事に舌鼓を打ちながら、バンド演奏やよさこい、プロレスなどに

歓声があがっていて、にぎやかなお祭りだった。


今回で8回目となり、イベントとしての定着感があり、

来場された皆さんも、毎年の開催を楽しみにしている様子。


地域のお祭りとして、コミュニティーの場として、

どんどん盛大に成長していただきたいと思う。



20101107_01.jpg 20101107_02.jpg
20101107_03.jpg 20101107_04.jpg
20101107_05.jpg 20101107_06.jpg
20101107_07.jpg 20101107_08.jpg
20101107_09.jpg 20101107_10.jpg


平成22年度の城西まつりに参加。


今回は青少年育成市民会議 城西支部の皆さんと一緒に

当日の準備から参加させていただき、

また、創作活動の時間帯には写真撮影をしながら

会場をのんびり回らせて頂き保護者の皆さんや

生徒さんと歓談をさせて頂いた。


普段なかなか使わない道具を使って

竹とんぼや紙飛行機、マーブリング、紙球てっぽうなど、

さまざまな創作活動に保護者の方々と一緒に挑戦し、

うまく完成したり、うまくできずに再度チャレンジしたり。


指導してくださる方に聞きながら一生懸命取り組んでいた。


PTAの皆さんによる模擬店やチャレンジランキングも大盛況で、

あちこちで長蛇の列を作りながら、おいしいものを食べたり、

友達同士で競い合ったり、みんなが楽しいひと時を過ごしたと感じている。


世代を超えた人たちとの交流を大切にしながら、

子供たちが健やかに成長してほしいと願っている。


関係者の皆様、大変お疲れ様でした。


20101106_01.jpg 20101106_02.jpg 20101106_03.jpg
20101106_04.jpg 20101106_05.jpg 20101106_06.jpg
20101106_07.jpg 20101106_08.jpg 20101106_09.jpg
20101106_10.jpg 20101106_11.jpg 20101106_12.jpg
20101106_13.jpg 20101106_14.jpg 20101106_15.jpg
20101106_16.jpg 20101106_17.jpg 20101106_18.jpg



11/4・5に北海道札幌市の札幌コンベンションセンターで開催された

「第12回 市町村議会議員研修会」に会派で参加。

この研修会は自治体問題研究所が主催している議員研修会で、

昨年も同時期に開催され、同じく会派で参加している。



初日は、全体会。

・地域経済の復興とグローかリズム

・地域産業の未来をひらく帯広市中小企業振興基本条例

の2つの講演を拝聴。


講演の中で、事例として紹介された岩手県宮古市の住宅リフォーム助成金の

考え方には単なる補助金にとどまらない地方自治の独自性が感じられた。

補助金は単純に出すだけでなく『どの業界・どの規模にカンフル剤を入れるか』を

考慮しなければならない、という事例であり、宮古市の場合は、

工事の規模がいくらになっても補助の上限を10万にすることや、

申請書を非常に簡単にしたことや、畳替え、ちょっとした工事でも使えるように

したことから、大手の工務店よりも市内の個人の大工さんや町の商店への

発注が主体となり、地域活性化への波及効果があったとのこと。

どうしても補助金を出すことだけに目が行きがちであるが、

どの地域(国・県・市)のどういった規模の人たちへの活性化を考慮すべきか

単純に真似をするのではなく、地域事情を考慮しなければならない点で

分かりやすい事例を拝聴した。



2日目は分科会形式で、以下4テーマより希望選択しての受講。


・人口減少時代の都市計画・まちづくり

・「地域主権」改革と一括交付金化問題

・環境保全・自然エネルギーによる仕事おこし

・公共事業の再生



私は「人口減少時代の…」の講座を選択。


都心を除いて、ほとんどの自治体が人口減少を迎えており、

特に日本は 少子化+高齢化 が一気に加速することが予想されている。

世界的に見ても日本の傾向は極端であり、だれもが迎えたことのない

状況が着々と近づいてきている。


ドイツ(旧 東ドイツ)では、2003年ころから人口減少を見据えた

街づくりの考え方がスタートし、補助金制度を整え始めている。

大規模な団地などで、入居者が減少し、入居率が下がってしまったことから

残っている方を1つの棟に集約し、残った棟を撤去して公園にしたり、

高齢者の移動手段の確保のために、都市の移動手段を車から

路面電車などの公共交通機関に置き換えるなどの政策が

進んできている。


一方で、政策の実行過程において住民との訴訟になることもあり、

手探り状況であることも否めず、まだまだ最適解が見出せていない

状況でもある。


日本においても、現在の都市計画に関する法律が

高度成長時代に作られたということもあり、拡大・成長路線の

考え方はあっても、人口減少の考え方はなく、

人口減少は衰退というイメージが強い。

しかしながら、今後は人口減少を衰退というイメージで捉えることなく、

人口(人数)や人口構造を見据えた街づくりの考え方を確立させる

必要があることの必要性も感じた。



こういったスタイルの研修会は、短時間で多くの講師の話や事例に触れることが

できるので好んで参加しているが、今回の研修会においても全国的に直面している

「人口減少」に対する考え方を拝聴するなど有意義な研修会となった。


■会場
20101105_01.jpg

■全体会
20101105_02.jpg

■分科会
20101105_03.jpg

■分科会
20101105_04.jpg


午前10時からあすなろ園 希望祭 開会イベントに参加。

今年で25回目を迎える希望祭。


障害者自立支援法への改正を受け、昨年にはケアホームを

設立されたのとあわせて「あすなろ学園」から「あすなろ園」と

名前を変えるなど、いろいろな変化の中で迎えた25年であったろうと

推察している。


今日も、晴天の中、にぎやかに祭りのスタートを切り、

施設の利用者さん、スタッフの皆さん、ボランティアの皆さんが

それぞれの持ち場で協力して仕事をし、そして、そこに

近隣地域の皆さんやたくさんの来場者の方が加わって

笑顔で楽しんでいる姿が印象的であった。


政権交代後、なかなか進まない障害者自立支援法の見直しなど、

混沌としている部分もあるが、障害を持つ方も、そうでない方も、

一緒になって社会を作っていかねばならないと思っている。


厳しい社会情勢であることは否めないが、今日は、そんな大変さを

忘れるくらいのたくさんの笑顔が希望祭にあったとに感じている。


関係者の皆さん、おつかれさまでした。


20101103_01.jpg 20101103_02.jpg
20101103_03.jpg 20101103_04.jpg
20101103_05.jpg 20101103_06.jpg
20101103_07.jpg


題名とちょっとそれるが、朝7時30分より

城西小学校で青少年育成市民会議 城西支部の皆さんと一緒に

挨拶運動に参加。



10時からは水道行政に関する真相究明の調査委員会に出席。


今回より当時の関係者に委員会に出席を求め、

真相究明のための尋問が開始された。


今日は3名の方に対する尋問が実施された。


内容については調査途中段階であることから

ここでは書きませんのでご容赦ください。