城西保育所を後にし、アクロス小ホールで開催された講演会

「よく知ろう 放射線・放射性物質 ~放射線の基礎知識・健康への影響~」に参加。


先の震災による原子力発電所の事故をうけて、

様々なメディアを通じて情報が出されておりますが、

放射線の基礎知識や何を持って大丈夫か、わからない部分が多々あります。


今日の講演会では、放射線の種類やベクレルとシーベルトの関係といった

基礎の話を聞くことが出来たことは有意義でした。


その一方、何を持って安全か、どの数値だったら大丈夫かという点については、

あくまで私の個人的見解ですが

・国の基準値があくまで暫定基準であること

・諸外国の数値を見ても国によって基準値が異なること

・同じ数値に対して専門家の見解もまちまちであること

・原子力災害における数値と被害の関係がまだまだ未知数

 (そもそも原子力災害はあってはならない事故だから当然ですが…)


であることから、今日の講演にあった基礎知識や発表されている様々な数値を元に、

個々が判断をするしかないのかなという印象を受けました。


今後もこういった機会を多く設けて、広くたくさんの方々に

基礎的概念や数値の意味を理解してもらうことと、国や東京電力、関係機関が

しっかりと情報を公開することで、私たち国民が正確な情報を入手できる、

判断の出来る環境をつくるべきと思うところであります。


東京電力に対しては、いろいろと言いたいこともありますが、

今は一刻も早い事態収拾と、被害にあわれた皆さんへの

きちんとした対応を進めて頂きたいと思います。


20111001_11.jpg 20111001_12.jpg



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1032-65162df3