公達稲荷神社 氏子の皆さんと一緒に

注連縄づくり&例大祭に参加させて頂きました。


私も数年前から氏子の末席を頂きまして

微力ではありますが、皆さんと一緒に活動させて頂いております。


町内の方が自らつくられた古代米の稲わらをつかって注連縄をつくり、

2つの鳥居と本殿(といういいかたでよいのだろうか?)に奉納。

その後、宮司さんをお招きして、礼大祭を執り行いました。


昔は、注連縄に限らず、いろんなものを手作りで作っていたものが

時代の流れとともに、どんどん変わって行きました。

稲わらからすべて作るのはなかなか大変であると思いますし、

私自身もそうでしたが、こういった技術や文化を知らない子供たちにも

ぜひ見てほしいなと思いながら参加させて頂きました。


ここ数年、町内の納涼盆踊りのお祭りも稲荷神社で行われるようになり、

元旦の年越し際とあわせて、町内活性化の拠点の1つとなっています。

今後も氏子の皆さんのお力添えをお願いしたいと考えております。


関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。


20111120_01.jpg 20111120_02.jpg
20111120_03.jpg 20111120_04.jpg
20111120_05.jpg 20111120_06.jpg
20111120_07.jpg 20111120_08.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1073-09967d70