今日はイロイロあったので、写真付でコメントを・・・


【 城西小学校 秋季大運動会 開会式 出席 】

午前8時半から、城西小学校 秋季大運動会 開会式に出席。
ここ何日か雨天が続いていただけに、天候を心配していたのだが
快晴の中で、子供たちの元気な姿を目にする事が出来た。

既にご存知かと思うが、私は城西小学校の第2回卒業生。
こういった立場で学校行事に参加できる事には大変感謝しているし、
会場で、いろいろな方に話しかけていただいたり、相談をしていただいたりと
楽しいひと時を過ごさせていただいた。


20060916_01.jpg




【 救急の日 2006 市民の集い 】


午後1時半から、市民文化センターアクロス 小ホールで開催された
救急の日のイベントに参加。独協医科大学病院 救命救急センターの
和気晃司先生の公演や、AEDを用いた究明方法の講習を頂いた。

救命講習では、人形を使っての人工呼吸の手法を学んだ。
私も参加し、模擬形式での人工呼吸の訓練をした。一般的に、119番に
通報してから、救急車が到着し、救助隊員につなぐまでの平均時間は
6分程度。その間、30回の心臓マッサージ、2回の人工呼吸を絶え間なく
続けるのは大変体力を使う。模擬訓練でも、その間、汗だくになっての訓練。

しかし、病院に搬送されてから、普通に社会復帰できたケースのほとんどは
救急隊員が到着するまでの間に、何かしかの措置を受けていた患者であるとの
話もあった。

後半では、AEDをもちいた救命講習。
AEDとは、自動体外式除細動器のことで、心室細動を電気ショックにより
正常な状態に戻す手法を音声ガイダンスにしたがって、簡単にできる機械。
心室細動になると心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、助かる
チャンスは1分経過するごとに約10%づつ失われ、10分後にはほとんどの
人が死に至る。この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は除細動であり、
AEDの活躍が注目をされ、期待をされているのである。

結城市内にも4ヵ所の公共施設にAEDが設置してあり、今後、多くの施設への
設置が望まれる機器を用いての講習をいただいた。


一家に一救命士。決して理想ではなく、推進すべきと感じた。


※下3、4枚目の写真は私が訓練をしている様子です


20060916_02.jpg


20060916_03.jpg


20060916_04.jpg


20060916_05.jpg


20060916_06.jpg


20060916_07.jpg




【 公達町内会 集会場建設委員会 】

午後7時から、公達町内会の集会場建設委員会に出席。

私も、若輩ながら、相談役という事で建設委員会に参画させて頂いている。
委員会の役員さんや申し合わせ事項が決定し、議題は用地の選定へ進んだ。
まだ、物件を選定している段階で、有力情報の収集や、今後の建設計画など
まだまだ手探り状態ではあるが、委員各位の活発は発言の中で会議が進んだ。

既に町内会の総会で、建設推進が決議されており、委員も建設に向けて
邁進しているという状況。

私も、相談役という事で、行政との橋渡しをしっかりと担って行きたいと
考えている。


20060916_08.jpg


20060916_09.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/112-dd5942b3