6/26 に結城市議会の全員参加により、陸前高田市を訪問し、

東日本大震災の現状と復興事業に関する視察を行ってまいりました。


仮庁舎の議場にて、被害状況、復興計画、ガレキ処理の現状について拝聴。

被災戸数 約3368戸のうち、全壊が3159戸。震災直後の報道でも、

大きな津波に家が流される映像を何度も目にしましたが、特徴的な数値として

表れています。実際に被害のあった地域も拝見しましたが、大きな建物だけが

残っている状況であり、甚大な被害を物語る光景でした。


また、避難所として指定を受けていた多くの場所が津波の被害を受け、

避難されてきた方が津波の被害にあうという話や、市役所、消防署、学校など、

街の機能が一瞬にして喪失してしまった話には、心が痛みました。


陸前高田市の本年度の予算は、前年比 約500%増の予算が組まれ、

街の再建やガレキ処理などに多くの予算が割かれています。

また、多くの職員さんも犠牲となった話もうかがい、予算執行には

並々ならぬご苦労があるものと推察をしながら説明を聞かせて頂きました。



■ 仮庁舎で説明を拝聴

20120626_01.jpg 20120626_02.jpg 20120626_03.jpg


■ 市役所 本庁舎の被害の様子

20120626_13.jpg 20120626_14.jpg 20120626_15.jpg


■ 街の様子

20120626_12.jpg 20120626_16.jpg
20120626_17.jpg 20120626_11.jpg
20120626_18.jpg


■ ガレキ処理の様子

20120626_19.jpg 20120626_20.jpg
20120626_21.jpg 20120626_22.jpg



遅ればせながら、今回、初めて被災地に入り、現状を見てまいりましたが、

被害の現状、復興の考え方、自分の脳裏に刻み込んで、今後の結城市の街づくりや

防災対策に意義ある提言をしたいと考えています。



被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、

1日でも早く地域の復興、街の活力の再生を願っております。


大変な状況の中で視察を受け入れてくださったことにも心から感謝申し上げます。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1211-7966f2df