日光での勉強会を早めに中座させて頂いて帰途につき、

小山市長選挙の公開討論会を拝聴してまいりました。


…とはいっても、今回は会場ではなく、小山市内の知人宅にお邪魔し、

小山ケーブルテレビで生放送されたものを拝聴しました。


会場の臨場感・緊張感に触れたいと思う一方、ケーブルテレビを通すと

どんな雰囲気になるのかも見ておきたかったので、今回は会場ではなく、

ケーブルテレビで拝聴させていただきました。


20120708_11.jpg 20120708_12.jpg


今回は、単に立候補予定者があらかじめ与えられたテーマで話をするだけでなく、

質問や反論があるなど、候補者間での討論が行われる手法を初めて見る機会となりました。

もちろん、討論といっても、各候補者が挙手をして、コーディネーターの許可のもと、

1回あたりの発言を2分までと設定しておりますが、これは大分緊張感のある、

見ごたえのある討論会でした。


その一方、ときおり、政策の中身よりも、個人的感情から来る批判のような発言もあり、

質問・反論の良しあしもあるなと感じる部分もあり、個人攻撃のような状況に及ぶ場合の

問題もあるのかなと感じる一こまもありました。



候補者間 同志の討論に発展してきている公開討論会を拝聴し、

自分だったら、どんな準備をするのか、どう答えるのか、などなど

いろいろ参考になることが多々あり、大変勉強になる公開討論会となりました。


主宰された皆さんや出席された立候補予定者の皆さん、大変お疲れ様でした。



結城市では、前回の市長選では候補者がそろわず不開催、

前々回は3人の候補者のうち1名が欠席で2名による開催、と、

100% 候補者がすべてそろって、政策を聴き比べるという形では

行われていないのが現状であり、残念な思いでおります。


結城市でも、100%の公開討論会が開催される日が来ることを

待ち望んでいる一人でもあります。

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1215-1e6d2ffa