宛先不明で戻ってきてしまった会報の後追い調査。

おっくうで面倒であるが、後援会名簿を「生きたもの」にする為に
重要な作業である。

宛先不明で戻ってきた方を「宛先不明」として名簿から外してしまえば
楽なのかもしれない。しかしながら、その方への後援会報の発送は
そこで停止してしまい、ご縁が切れてしまうことになる。

前回の選挙から3年半が経過した。
3年もたつと、引越しをされたり、亡くなられたりと、色々な動きがある。
亡くなられた場合には、ご家族の方に切り替えて再度の発送、引越しをされた
方には、ご本人、あるいは紹介をしてくださった方に住所を教えていただき、
再度発送している。

毎回発送するたびに5通前後は宛先不明で戻ってきてしまう。
今回も7通が戻ってきて、うち5通は調査できたので再発送、2通については
市外への引越しということで、発送を停止させていただいた。

市外への引越しは、心境的にさびしいなあと思うが、仕事やご家族の
事情もあるだろうから仕方がない。

逆に、どんどん人が集まってくる街にしていきたいとの励みにもなる。

次回の発送に向けて、また、がんばりたい。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/130-088aecd4