スタートは午前9時半に開催の協働のまちづくり推進事業プレゼンテーションに参加。

例年は、見学に行く側の参加でしたが、今年は私の所属するボランティア団体で

補助金申請を行ったことから、パワーポイントの作成と、プレゼン時の

パワーポイント ページめくり係で参加。私たちのプレゼンも無事に終わり、

全13団体の取り組みも拝聴し、市内各地の街づくりの様子をしっかり学ばせて頂きました。

20130519_01.jpg 20130519_02.jpg 20130519_03.jpg



午後からは、町内会で行われた防災訓練に参加。

防災啓発のビデオ観賞、街づくり委員会の委員長さんからの防災講和を拝聴、

情報収集の記録用紙を使っての机上による情報収集訓練や、

拡声器による情報伝達の試験的取り組みなどを実施しました。

防災意識の薄れなのか、この行事の開催そのものが知られてなかったのか、

参加人数が少ないのがいささか気になりました。


何より大切なのは、災害時の迅速な対応がシミュレートでき、

対応できることかと思います。多くの皆さんを対象に、日ごろからの備えや

災害時に何をすべきかを意識づけることです。


訓練でやってないことを災害時のあわただしい中で行うのは難しいと思います。

この防災訓練を、多くの方々と一緒に、継続的に行っていけたらと思います。


20130519_11.jpg 20130519_12.jpg 20130519_13.jpg
20130519_14.jpg 20130519_15.jpg 20130519_16.jpg
20130519_17.jpg


公達の防災訓練を終えて、夕刻から消防団のポンプ車試運転に参加。

新入団員さんの顔合わせや、今後の行事の予定確認を行いました。

団員さんの確保が全国的に難しいといわれている中での、団員さんの入団は、

大変心強くおもいます。


よく、いろいろな防災の講和で、災害時の同時多発的な火災では、

消防車などがなかなか来てもらえない、あてにならないという話が出てくることがあり、

確かにそうかもしれないけれど、多くの皆さんと一緒に活動している団員の1人として、

もっと違う表現をしてもらえないかな、とおもうことがあります。


東日本大震災でも、多くの消防団員さんが、最後まで非難をうったえながら殉職されています。

災害対応でも、地域をよく知る団員さんが駆け回って対応をしてくださっています。

そういった活動にご理解を頂けたらと思います。

20130519_21.jpg



消防団の集まりを1時間半ほどで中座し、町内の街づくり委員会の会合に参加。

時間がないので、消防団の作業服のまま参加したら、みんなにびっくりされました…。

今日の議題は、昼間の防災訓練の件と町内の交通量調査について。

2月に公達町内がゾーン30に指定されたこともあり、あらためて交通量や、

通行車両の速度を計測して集計しようということになりました。

こういった地道な活動が、あかるい地域づくりの一助になると思っています。

20130519_31.jpg


地域づくり一色の1日となり、あわただしい中でも、充実した1日となりました。



★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1351-7771c64c