牛久市議会 有志の皆さんが企画した議会改革の勉強会に

お誘いをいただいて参加してまいりました。


講師の先生は拓殖大学 地方政治センターの 竹下 譲 先生と 並河 信乃 先生。


20130628_01.jpg 20130628_02.jpg
20130628_03.jpg 20130628_04.jpg


近年、議会改革が全国的なブームになってきており、

あちこちの議会で議会基本条例の制定に着手しておりますが、

基本条例の制定や、通年議会、議員間討議、一問一答、報告会の開催、など

形式が先行しているような雰囲気があります。


しかしながら、先生方の考え方は、

自分たちの議会の問題点をきちんととらえて着手すべき点や、

議員が議会で審議しているように見えて、実は説明を受けているだけに

なっている点、様々な案件について、自分の主観ではなく、

住民の声を背負って意見を述べ、賛否の態度表明を行わないから

議会不要論につながる点など、現状の議会運営と市民の意識とのかい離を

どう埋めていくか、ポイントを数多く指摘頂きました。


過去、私も、別の勉強会で、ポイントを外した

「なんちゃって議会改革」にならないように!という視点での話を

拝聴しましたが、議会改革には右へならえ、は存在せず、

自分たちの議会の状況を把握し、どういった形で市民との意識の差を

埋めていくかを考慮して改革しないと、まさに「なんちゃって議会改革」に

なってしまいます。


今日のお二人の先生の経験を踏まえたお話は大変勉強になりました。

お誘いくださった皆さん、ありがとうございました。



★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1372-d4998270