10/16~18 と教育・福祉委員会の研修で秋田県 能代市・横手市・大仙市を訪問。

福祉関係の複合施設、生涯学習の取り組み、学力向上の取り組みについて

伺ってまいりました。


●秋田県能代市


能代市では市が建設した複合施設「能代ふれあいプラザ」について説明を頂く。

中心市街地の空いてしまった土地の活用を検討する中で、地域活性化や

高齢者住宅の確保、人と人との交流を念頭に置き、1つの施設に

保育所、子育て支援センター、デイサービスセンター、社会福祉協議会、

地域包括支援センター、集会施設、高齢者住宅を組み込むという

全国的にも珍しい取り組みについての経緯を伺い、実際に施設も見学しました。

単なる高層階の市営住宅をつくる場合に比べて、高齢者住宅を含む福祉系の複合施設のほうが

国や県の支援を受けやすく、中心市街地の人の交流について寄与できるとのスタンスで

計画を進めたとのことで、高齢者関係施設を利用するお年寄りと保育園児が

いろいろが行事を通して常に交流をはかっている様子や、高齢者との交流が情操教育にも

つながるからでしょうか、いつも入園希望が多く人気のある保育園である様子なども

拝聴してまいりました。また、複数の部局が所管する施設が入っていることから

管理上の課題や考え方、指定管理者などを含めた今後の方針などについても

検討されている状況などを伺いました。


20131016_01.jpg 研修の様子
20131016_02.jpg 建物外観
20131016_03.jpg 住宅フロアの様子
20131016_04.jpg 社会福祉協議会
20131016_05.jpg 集会室
20131016_06.jpg 保育園スペース
20131016_07.jpg 1Fエントランスホール
20131016_08.jpg 高齢者友愛センター
20131016_09.jpg 保育園スペース


●秋田県横手市


秋田県横手市では「よこて学びプラン」と称する生涯学習の推進計画について説明を頂く。

横手市は平成17年に8市町村が合併して誕生した市であり、合併前から存在していた

市内に28公民館を活用して活発に生涯学習活動が行われています。各地域の公民館を

束ねているのが、市内8か所に設置されている生涯学習センターで、各地域の公民館が

センターを中心に事業を展開している。また、単純に事業や講座を実施するだけでなく、

基本計画が実現されているかを内部評価&社会教育委員による評価で判定を行い、

翌年の活動に盛り込んでいる姿勢はすばらしい。

こういった形で各地で活発な活動が行われていく中で、各公民館の間で講師や指導者を

相互に紹介することも行われており、人材バンク的な動きも進んでいるそうです。

一方、各地の施設の老朽化対応も喫緊の課題となりつつあるなかで、定着している

公民館の統廃合は難しそうな様子もうかがってまいりました。


20131016_11.jpg 20131016_12.jpg


●秋田県大仙市


秋田県自体が学力が高く、全国学力テストでも国平均をうわまわっており、

さらに大仙市は県平均よりも高く、総合学力が高いということで、学校教育の取り組みを

拝聴してまいりました。

大仙市も平成17年に8市町村が合併して誕生した市であり、合併当時から、

各地域で学校教育の基盤をしっかり作っていく必要があるとの強い熱意のもとで

PTAの組織や地域との関係づくりを第一に取組が行われたとのことです。

地域の方々が講師となってさまざまな体験学習を行ったり、先生方による放課後の補充学習、

夏休みに帰省した大学生を講師とした補充学習を通して基礎学力の向上に努めています。

また県の「「スーパーティーチャー制度」という、教育力の素晴らしい先生を

1校在籍の先生とはせず複数校の担当として在席させて、先生方の指導力の向上を

行う取り組みも実施され、大仙市では5人の先生がスーパーティーチャーとして

活躍をされています。

指導者側のスキルアップ、子どもたちの基礎学力のアップ、体験することで

あらたな創造性を培う教育の基盤がしっかりできあがっていると感じました。


20131016_21.jpg 20131016_22.jpg




秋田県はもともと教育や生涯学習に力を入れて取り組んでいるところであり、

さらに市町村が特色を出して充実させており、先進事例を数多く学ぶことができました。

対応を頂きました各市の皆様には心から御礼を申し上げます。



★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1399-82aec3ab