土浦市のホテルマロウド筑波にて開催された

茨城県市議会議長会 議員研修会に参加してまいりました。


講師は中央大学 大学院 教授の佐々木信夫さん。

地方自治研究の第一人者でもあり書籍も数多く出されています。

20131114_01.jpg


住民に必要とされる議会に脱却するためにはどうしたらよいのか、

分かりやすくポイントを提示しながらの講演を拝聴してまいりました。


地方自治体において、一見、首長に決定権があるように思われますが、

最終的には議会の議決が必要です。しかしながら、予算が出来上がってから

議会にかかるので意見が盛り込まれにくい。そのためにも、予算修正能力を求められたり、

チェック機関としての権限の強化や、議会主体で情報収集する能力を持たなければ

住民に必要な議会への変革は難しいと考えており、先生の意見も参考になることが多く

有意義な研修会でした。


その後の意見交換会でも県内各市町村のみなさんと地域の課題や

政策の考え方など、有意義な時間を頂きました。


関係者のみなさん、ありがとうございました。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1407-f64e61c2