城西小学校で実施された避難訓練を視察。

「地域との連携による学校の防災力強化推進」を目的に、

昨年12月に学校・地域が連携する会議が開かれ、

従来の避難訓練からスケールアップし、防災の観点や、

災害時の対応の観点も考慮にいれた防災訓練が実施されました。


20140110_01.jpg 20140110_02.jpg
20140110_03.jpg 20140110_04.jpg
20140110_05.jpg 20140110_06.jpg
20140110_07.jpg 20140110_08.jpg
20140110_09.jpg 20140110_10.jpg


 ⇒ 煙体験の様子の動画 (立川ひろとし FaceBook ページ)


結城消防署のみなさん、消防団 第6分団のみなさん、関係者のみなさん、

大変お疲れさまでした。



ここからは私の意見。


今回の通達は、大規模災害時に学校が避難所になることから、

学校に対して、地域との連携を図りながら防災訓練を行うべきとの考え方で

出されたものだと思います。しかしながら、学校は場所を提供するまでであり

実際に避難所を運営するのは防災関係のセクションであることから、

学校に対してこういった通達を出すのはちょっと変だなあと感じましたし、

昨年の会議でも同様の意見が出ました。実際、市の防災関係部局はこの話には

絡んでいないようであり、通達を出した部局がどういった考え方で学校に実施すべきと

判断したのかは大変疑問に思いました。災害対策はおおいにやるべきだと思いますが、

本来管轄するべき部局を入れて、体系立てて物事を進めないと、しわ寄せが来るのは現場なので、

よく考えてほしいと思うところであります。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1427-d698af9e