平成23年3月11日の震災から3年が経過しました。

亡くなられた方々、いまなお避難生活を続けておられる方々に

心からお悔やみ、そしてお見舞いを申し上げます。



復旧ではなく、復興にしなければならない、といった話もありました。

元に戻すだけでなく、さらに活気をもたらさなければならないと…。



しかしながら、今なお収束しない福島第一原子力発電所の状況、

方針が定まらず、戻ることも、進むこともできない方々の話を耳にするたびに

復旧でなく復興だと言いながら、3年たっても復旧すらできていない現状を残念に思います。



あちこちで議論されている、福島の子どもたちの甲状腺がんも心配です。

大丈夫だという人、心配だという人…。わからないのだから「安心」が確約されるまで、

事故直後からきちんと数字をとったり、経過をしっかり観察していくべきだと思います。


福島への帰還を目指すと言いながら、最近ではそれが難しいような方針も出ています。

事故直後はメルトダウンがなかったといいながら、あとになってメルトダウンが

あったとの報道がありました。今まで直面したことのない事故というのはわかりますが、

「安心が確認できるまで用心する」という普通に考えるべき対処法よりも、

「安心だから大丈夫」という方針が優先されてきてしまったような気もします。



今日を起点に、震災からの復興・復旧が進むことを切に願っています。



★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1459-49f67500