地方自治を学ぶ会が主催する勉強会に参加。

講師は埼玉県和光市長の松本武洋さん。

財政関係のジャーナリストから和光市議に転身し市議2期を経て

和光市長に当選。現在 市長2期目の改革派の市長さんです。

20140406_01.jpg 20140406_02.jpg
20140406_03.jpg 20140406_04.jpg





今日のテーマは財政健全化条例をつくった経緯と考え方について。

財政再建は執行部サイドの指針によって進められているのが一般的であるが、

民主主義の観点からすると、議会の議決も必要であるという観点や、

条例化することにより首長の政策に左右されることなくチェックが入る仕組みを

確立させることを重要視している内容は大いに参考になりました。

また、この条例に、公共施設の適正化の仕組みも組み込んでいる点なども

非常に明確な目標設定がなされていると感じました。


地方自治体の予算構造や地域事情はそれぞれ異なることもあり、

単に真似をするのではなく、それらを十分考慮に入れて組み立てるべきとの

お話もありましたが、基本理念や、首長に財政再建の考え方を課していく必要性は

どの自治体にとっても有効な手段であると認識を新たにしました。


松本市長さんとは、今回の勉強会以前からご縁があり、

私も趣旨に賛同している日本税制改革協議会の勉強会で講演を頂いたり、

趣旨に賛同(サイン)する際の立会人にもなって頂きました。

 ⇒ http://www.jtr.gr.jp/025sokuho/000594.html


また、松本さんの最初の市長選挙では遊説も一緒にさせていただきました。

20140406_05.jpg 20140406_06.jpg


今日は、選挙の応援以来の久しぶりの再会の機会や、財政再建の考え方を拝聴し、

有意義な勉強会となりました。今後とも知恵をお借りできればと思っています。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1478-699b4d90