原発いらない栃木の会が開催した講演会に参加。

講演者は、管 直人 元 内閣総理大臣。

20140420_01.jpg 20140420_02.jpg


福島第一原子力発電所の事故発生当時、首相官邸がどのような状況で、

どういった情報から判断を下していったのか、原子力発電所の

管理や事故対応における組織上の課題、などなど、当時の緊迫した状況を

含めての講演を拝聴しました。



私は、当時の対応を批判をするわけでもなく擁護するわけでもなく、

当時の状況を知りえる人の話、どういった思いで判断をされたのかを

聞きたいという気持ちで参加しました。


対応組織はあるものの専門家が少ない状況から、中身のわからない管理者が

説明をしていたので内容がきちんと伝わらなかった点からは、

安全神話の中で無力な組織だったことがよくわかる内容でした。


東電に乗りこんだときの話も、批判を覚悟でと話されていましたが、

東電本社で現地の対策本部と24時間情報交換ができる状況だったことから

東電本社に政府の人間を置いて対策にあたることとした点など、

報道とは違った視点であったことも話にありました。



私自身は、何度かここで述べたことがありますが、

安全に運転できて、問題があってもきちんとクリアできる技術の無い会社が

その技術で利益活動をするのは無責任だと思っています。

お金を頂くということは、問題があっても対処ができないといけません。

そういった観点からすると、原発というのは大きなコストがかかり、

まだまだ不安定要素の多い技術であるということも考えなければならないと思います。


私が大変参考になったのは、批判を受けることを承知の上で、当時、どういった情報の中で

どう判断したのか、について説明をされていた点です。


人によっては弁解ととるかもしれませんが、こういったことを振り返って

きちんと話していくことは、今後の危機管理を考えていく上で必要だと思っています。


質疑応答の中で「今振り返ったうえで、当時に戻ったら違う判断をしたか?」といった

質問がありましたが「当時と変わらないスタッフ&情報だったとしたら、同じ判断をした」と

答えておられました。私もそんな答えをされるだろうなと思いながら聞いておりました。

同じ情報・同じスタッフで判断がころころ変わってしまうようであれば、それは、

最善の判断では無かったと思います。後からでは何とでも言えますが、当時、考え抜いて、

最善の判断をしたという思いと、その判断に対する責任をとる覚悟があったからこそ

言える答えだなと思いました。



危機管理における最高責任者の気持ちという視点でも大変勉強になった講演会でした。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1482-09a3c0d0