結城市民文化センター アクロス小ホールで

前 東海村 村長 村上さんの講演を拝聴する機会がありました。


20140423_01.jpg 20140423_02.jpg


原発建設の計画が持ち上がり、反対・賛成の声がある中、

ながい年月をかけて、住民投票の結果を受けて原発の計画が取りやめられた

新潟県巻町(現在は新潟市に合併)の話を題材にした

「わたされたバトン」の上映会に合わせて、村上さんの講演がありました。


脱原発により、経済への打撃があるとの話は、原発で潤うのは

誘致された市町村だけであり、ほんの一部であることや、

原発があることで市町村の財政構造も商業構造も頼りきりになり、

地方の独自性が無くなってしまうこと、世界に目を向けてみると

原発よりも再生可能エネルギーへの移行も投資もすすんでいること、

単なる脱原発だけではなく、スローライフや脱成長も視野に入れないと

上手く実現しないこと、などなどの話を頂きました。


また、講演会前に、スタッフさんのご紹介で村上さんと名刺交換をする

機会がありまして、結城市議会でも総括原価方式の廃止を求める

意見書を採択した経緯についても話をさせていただきました。


政府では原発をベース電源におく考え方や、原発技術の輸出などの方針が出ていますが、

津波が原因だったのか、地震の段階でダメージがあったのかなど、全容解明が出来てないこと、

いまだに事故収束がなされていないことを考えると疑問だらけです。


何が起きても安全に収束ができる技術であるかという点を最重点に置くと、

まだまだ不安定な技術であることは否めません。国としても、安全に重点を置いた

考え方に切り替わることの切に願います。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1484-b1ab7d6d