今年も慌ただしい1年でしたが、無事に乗り切ることができました。

議員活動、仲間の応援などで市内外・県内外を駆け回りましたが、

事故が無く、無事に乗り切れたこともよかったなと感じております。


議会においても、庁舎建設特別委員会が設置され、その設置当時、

総務委員長を拝命していたことから、特別委員会の副委員長を仰せつかりましたが、

皆さんと一緒に取りまとめを終えることができたことにもホッとしております。


議会改革については、結城市の改革度について、日経新聞に北関東ワースト1、

全国でも813市・特別区 中 810位という記事が掲載されたことを受けて

アンケートが実施されました。議会運営委員会 金子 委員長・中田 副委員長の主導で

改選前までには今後の取り組み方針が出されるものと思います。


年末の選挙も、もともと予定されていた県議会議員選挙に加えて

急展開のように決まった衆議院 解散総選挙が同日選となり、

私も仲間の激励で県内各地を訪問し、慌ただしい日々を送りました。


大変不思議だったのが、今回の県議選中、私は県議選 候補者ではなかったのに、

ある陣営の運動員が、私の行動について事実無根の情報を流していたり、

街頭演説で県議選と関係ない私のこれからのことを話していたりと、

候補者でもないのにずいぶんいろいろ言われることが多かったです。


「誤った情報」 については、誰が言っていたのかが判明したので、

知人がその方に立川のところに事実確認に行くよう強く促したことから、

本人が立川に事実確認をしないまま話していたことを認めて謝罪し、

自分が言ったところはすべて訂正することと、どこで話したのかリストで

出してもらうこととしました。


噂のレベルもイロイロありますが、今回の内容は、私のこれまでの政治スタンスを

覆しかねない内容でしたので、強い姿勢で対処することにしましたし、

公人は噂の対象になりやすいことは重々理解をしておりますが、


●事実と異なることを吹聴されたことは放置できない

●事実と異なる噂が2次、3次と拡散される可能性があること

●問題ある場合には、強い姿勢で対処することをご理解頂く


という観点から、何が起きたかを含めてコメントをすることにしました。

不本意にかけられた火の粉は、振り払わなければならないとの思いです。


選挙ではこんなことをせずに、正々堂々、考え方をぶつけ合ってほしいし、

私も議員の一人として、そういう選挙をしていかなければならないと

あらためて強く感じた選挙でもありました。


来年は結城市議会議員選挙、結城市長選挙と、結城の方向性を大きく左右する

政治日程もあり、これまた慌ただしい1年になりそうですが、皆様からのお力添えをいただき、

元気に乗り切っていきたいと思っています。


★☆ ほぼ、毎日更新! 利用登録をしてなくてもご覧になれます! 下記のリンクをクリック! ☆★

 Facebookページ ⇒ http://www.facebook.com/Hirotoshi.Tachikawa

 Twitter ⇒ http://twitter.com/Tachikawa_Hiro


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/1562-81226f78