午後1時から、市民文化センターアクロス 大ホールで開かれた
「あすなろ学園20周年企画 あすなろアピール2006」に
招待を頂いて参加。

会場内で、偶然、あすなろ学園の初代施設長をされていた方と席が
そばになり、このイベントの経緯をうかがうことができた。

このイベントは、青年の主張にヒントを得て、障がいを持った方々にも
主張があり、その発表の機会を作りたいということで始まった企画。
ただ、「障がい者の主張」という仰々しい形にはしたくないとの事で
「あすなろアピール」としてスタートを切ったことを伺った。

式典では、施設を利用している対象者1人1人に施設長さんから
活動をたたえた感謝状を贈り、第2部では寸劇&呼びかけの形での
利用者の主張、施設の問題、これからの問題をうったえ、
第3部ではザ・ハーモニックによるコンサートが行われ、
施設を利用している障がい者の皆さんやご家族、ボランティアの方々とが
にぎやかな中で楽しいひと時を過ごした。

私も市のボランティア団体に参画をしており、色々なイベントで
障がい者の皆さんと接する機会があるが、まだまだ勉強不足であり、
障がい者の皆さんの視点、ボランティア側の視点、いろいろな視点での
考え方を身に着けたいと考えている。

こういった行事にはどんどん参加して、皆さんの考えを吸収したい。


20061216_01.jpg


20061216_02.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/160-0fbd3b7a