柳沢厚生労働相が発言したことに発したこの問題。

発言内容は到底許される問題でないことは言うまでもないが、その後の
後始末がもっと悪い。

自民党は、辞任すべきでないと言っているようであるが、政党として、
国民感情を収集能力する力が欠落しているのではないかと思うほどである。
国民がこの問題に対してどういう感情を持っているかは明らかであり、
知らぬふりをしているのではないかと思うほどである。

辞任をすれば、任命権者の責任に波及するとのことでの対応であろうかと
推測しているが、まあ、国民離れしているなあというのが率直な感想。

逆に言えば、国民、もっと近い言い方をすれば、市民の代表である国会議員が、
国民からかけ離れた感覚で物事を考えていることがよくわかる。

まして、愛知県知事選挙の結果を見てから辞任を決めるといった意見まで
出ているようであるが、お家の御都合主義そのものでは…という感をもっている。


国会議員であれ、都道府県議会議員であれ、市町村議会議員であれ、
住民の代表であるのは言うまでもない。

市民感情が感じられなくなったら、立ち止まり、よく考え、次の一歩を
踏み出すべきである。

その一歩は前進なのだろうか… 退くものなのだろうか…
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/181-41669fab