選挙が終わって2週間、正式には投票が行われなかっただけという形なので
1週間という言い方になるのだろうか、今後の日程を聞かれることが多い。


改選してから、議長・副議長などが決まるまでの約1ヶ月間の間は、
世話人会というものが設置され、スケジュール調整や緊急時の対応に
あたることになっている。ちなみに世話人は4期以上の議員で構成され
全部で10名の議員が該当する。

ここで決定した今後のスケジュールは以下のとおり。


5/ 7   初登庁・顔合わせ

5/9・14 初当選議員研修会

5/16   平成19年 結城市議会 第1回 臨時会


5/16の臨時会で、議長・副議長・委員会などの人事が決まることになっている。

ちなみに、今まで4委員会(総務、産業、教育・福祉、建設)だったものが、
今度の改選以降は3委員会(総務、教育・福祉、産業・建設)に再編される。
これは、定数が21名になったことに伴い、4委員会では各委員会あたりの
人数が少なくなることと、建設、産業の両委員会には議案の付託されなかった
議会もあったことからの統合である。

選挙がなかったぶん、低調に終わり、選挙という場を借りての今後の結城市政に
ついて議論する機会が無くなってしまった。市民の皆さんの間にも、選挙が
ないまま議員が決まったことに対する不満感をあちこちで耳にしている。
この低調ムードをひきずらぬよう、緊張感のある議会にしていかねばならない
という感がある。

その意味においても今回議長に選出される方にかかる責任は大きいと思うし、
是非、しっかりと認識して議会運営にあたってもらいたい。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/217-6c58c8a8