一昨日、インターネットで調べ物をしていたら、自分のほかにも
結城市の議員さんがホームページを開設していることを知った。

●稲葉里子 議員

http://www.satoko.in/

●黒川充夫 議員

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=kurokawamituo


今回の統一地方選挙には間に合わなかったが、政治活動・選挙運動に
おけるホームページの位置づけについてはだいぶ議論がされている。

現在は、公職選挙法における文書配布という解釈から、告示期間中の更新は
行わないのが一般通例。政治活動という位置づけで設置されているホームページが
たまたま告示期間中も開きっぱなしになっている、という解釈であると思う。

次回の統一選までには、ホームページの明確な位置づけが公職選挙法に
明記されるものと思っている。

しかしながら、議員にとってのホームページは、決して選挙の道具ではない。
その時々の政策に対する意見を述べたり、普段の活動報告、情報発信の
ツールである。選挙のためにサイトをひらいているかどうか、有権者は鋭い目で
見抜いており、ただ開設するだけでは通用しないということを痛いほど感じている。

今回、結城市でもお二人の議員が新たにサイトを開設したことをうれしく思うし、
私も負けないように、しっかりと情報発信をしていきたいと思うところである。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/223-ee1afb98