午前中、市役所議場で全員協議会。

執行部からの説明や、議員間での連絡調整などが行われた。
執行部からの説明の中で、ゴミ収集の有料化に関する答申の結果に
ついての説明があった。これについては、後日改めて本サイトで
レポートをしたいと思う。

正午から、結城市立学校給食センターにて、給食の試食会に出席。
これは、9/1からの正式稼働に先立ち、関係職員で新設備での
調理のトレーニングを行っており、そこで作られた給食について
カロリーや食材について説明を受けながら試食、という形で実施された。

■ 調理風景(2階 研修室より撮影)

20070821_01.jpg



■ 献立A

・コーン茶飯
・牛乳
・ポークステーキ&オニオンソース
・冷拌三糸(りゃんばんさんすう).
・野菜たっぷり味噌汁

エネルギー 735 Kcal
たんぱく質 27.5 g
脂質    23.0 g

20070821_02.jpg


■ 献立B

・フィッシュバーガー
 (切り込み入り丸パン・白身フライ・タルタルソース)
・牛乳
・夏野菜のラタトゥユ
・フルーツ白玉

エネルギー 770 Kcal
たんぱく質 27.4 g
脂質    28.6 g

20070821_03.jpg



献立が2つに分かれているのは、食材調達などのトラブル時に全体に影響が
出ないようにすることと、1組のパターンで5000食の供給能力を持たせると
各設備を非常に大きくしなければならないので、1品あたり3000食程度の
能力の調理器具を組み合わせることで設備に係るコストを抑えながら、
トータルで5000食を供給可能とする方向で設計がなされたためであり、
この方式は従来の給食センターの考え方を踏襲しているものである。

この写真での盛りつけは、中学生の量であり、小学生の場合には、献立は
同じで、量で調節しているとのこと。

皆さんにも関心のある給食費は、中学生が1ヵ月4,500円、小学生が1ヵ月4,100円。
これを1食当たりに換算すると、中学生が253円、小学生が232円となる。
昨今、中国産の野菜の残留農薬などの問題が出ており、子供たちの安全を
確保するため、国内産の食材を調達していることから、食材費としては
高騰しているが、まずは子供たちに安心・安全な給食を提供することが
第一の目的である。

給食の試食は、1食当たりの食材費を負担していただくことで、どなたでも
試食することができる。私としても、みなさんに施設を知ってもらい、理解を
してもらいたいと考えており、供用開始後、安定稼働となるのを待って
みなさんの希望を募って、試食会を企画してみたいと考えているところである。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/267-4ec7646f