午後3時より、市役所 第一委員会室で開催された正副委員長会議に出席。

この会議は、毎年、年度頭の6月議会前に開催されるもので、議長、副議長、
議会運営委員会、総務委員会、産業・建設委員会、教育・福祉委員会の正副委員長が
出席し、各委員会の所管事項の中の諸問題や、各委員会の方針などを意見交換し、
情報共有を行う目的で開催されている。

昨今の経済情勢の不安や、原油高、食糧不足といった情勢を受けて、結城市議会でも、
それらに関係する施策に注視したいといった内容の話があった。

話題として出た内容は以下のとおり (立川メモ)


●総務委員会

・実質公債費比率20.5%を解消するための適正化計画の実施など厳しい予算である。
・厳しい予算の中でも、市民の要望にはこたえていかねばならない。
・協働の街づくりは議会としても推進すべき
・工業団地拡大地区の推進を図る
・ごみ減量化は市民も関心のある話題で、しっかりとした取り組みが必要。

●産業・建設委員会

・農政関係の市の予算が減ってきていることへの取り組み
・転作奨励と、昨今の穀物不足・高騰への対処について
・学校給食センターでの地域食物の活用の推進への取り組み
・道路補修費が少なく、大変厳しい状況となっていること
・区画整理地内の保留地処分の促進について
・水道の石綿セメント管更新の促進について(残りの延長が 70kmほどある)

●教育・福祉委員会

・学校統合への指針が出たことによる取り組みについて
・結城市健康増進計画への取り組み
・結城市地域福祉計画の策定と取り組み
・特定検診医療制度の取り組み
・後期高齢者医療制度の状況の変化への対応

●議会運営委員会

・議会が円滑に運営できるよう取り組む
・いろいろな情勢により、特別委員会の設置も必要である。
・一般質問や、議員の発言における規律を正していきたい。
・昨年度は、一般質問を質問席から行う等の改善も行ってきた。


各委員会が、所管部局の職員さんと共に、諸問題にあたり、しっかりと運営をしていきたい。
そんな姿勢の見える会議であった。


帰りにレイアウト変更が実施された様子を見に、市役所東庁舎1Fをふらりと訪問。
上下水道部が下水浄化センターに移動となり、レイアウト変更を実施し、本庁舎、第2庁舎の
カウンターや待合フロアを広げる回収が実施された。

その際、生活環境課で、6/7にアクロスで実施される 「不都合な真実」DVD上映会の
チケット(整理券)を頂く。

すでに皆さんも題名は耳にされたことがあると思うが、地球温暖化の問題に熱心に取り組んできた
アル・ゴア(元アメリカ合衆国副大統領)のスライド講演の様子を、アル・ゴアの生い立ちを辿った
フィルムを交えつつ構成したドキュメンタリー映画である。
(Wikipediaの「不都合な真実」の項目より抜粋)

入場は無料で整理券が必要。私は生活環境課で頂いたが、アクロス他5か所で整理券を
配布しているので、興味のある方はぜひご覧を頂ければと思う。

市民文化センターアクロスのサイトの関係記事

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/370-1f336533