個人事業のほうの話となってしまうが、最近、病院や介護保険に
関係するお客さんを2件ばかり頂いた。

いま、介護保険の点数などの申請にはすべてコンピュータを使って
データを作成し、月1回、申請データの送信を行うといった仕組みである。

ソフトについてはなんとなくわかるものの、肝心の介護保険の仕組みや
言葉がわからず、ソフトの運用支援が上手くできていないのが実情。
仕事としても、また、議員の視点でも、介護保険の詳細について
学習をする良い機会なのかもしれない。

また、2年間、のんびり宣伝もせず、口コミだけで仕事をしてきたことが
よかったのか、ここ何ヶ月か、仕事の話が少しずつ増えてきた。それに伴い
自宅にいる時間が少なくなった。また、県内外の多くの方との交流を持つ中で
外出の機会も多くなってきた。

しかしながら、議員活動を滞らせるわけにはいかない。
従来自宅で処理して蓄積してきた情報を、どこからでもとりだして、
あるいはどこからでも追加できるような仕組みを作る必要性を
十二分に感じているところである。

仕組みは大体わかっているので、いつ導入するかだけである。
考えていることが実現できるに十分な技術が存在していることに、
技術革新の勢いを感じているところである。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/38-916ba296