知人の結婚式に出席のため、8時半に結城を出て水戸へ・・・。

私の1年後輩で、小学校、中学校、高校と同じ学校で家も近所。
中学時代、部活も同じで、生徒会役員でも力を貸していただいた。

そういったご縁があってご招待を頂き、祝辞の機会も頂いた。
相変わらずこういった席での祝辞は緊張する。普通の挨拶とは違って
不適切な言葉を不用意に言ってしまわないか、そこばかりに気をとられ
お話したいことがすべて伝わったかどうか不安であった。
が、帰宅後、話そうとしていたことをまとめた資料をチェックしたら
意外とちゃんと言っていた。なんとか大役を果たせてほっとした。

結婚式は何度も出席しているが、新郎・新婦の笑顔は幸せに満ちており
まわりのすべての人たちの心を暖かくしてくれる、そんな雰囲気がある。
今日の挙式も、すばらしいものであり、お二人の新たな出発を、こころから
お祝いさせていただいた。

想定外でうれしかった事は、昔お世話になった先生にお会いできたこと。

高校時代、学園祭の企画などでお世話になった先生だったのだが、
久しぶりにお会いでき、今の自分を報告できた。当時、学園祭の企画やら
生徒会などでたくさんの方々と大きなものをつくりあげる喜びを知り、
それが今の私につながっており、まさに自分のルーツとなる部分でお世話に
なった先生である。

今は県の教育委員会に管理主事としておられ、結城に来る機会も多いとの
ことで、今後、いろいろと連絡を取らせていただくことにもなった。


今もたくさんの人と協力しながら、がんばっていることを報告できた。
本当にうれしい出来事であった。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/39-9028d63e