2008.08.02 環境塾に参加
午前10時から、市民情報センター2F・スペースB(丸い部屋)で開催された環境塾に参加。

講師は、結城市新福寺在住で茨城県地球温暖化防止活動推進員の涌嶋重遠さん。

約2時間の講演で、地球温暖化の概要、グローバル的な考え方から始まり、
身近にできる温暖化対策、二酸化炭素の排出量削減の取り組みなど、
たいへんわかりやすい内容で、大人に限らず、子供たちにも聞いてほしい内容であった。

特に、先の京都議定書で、日本の目標となった二酸化炭素の6%削減というのは、
国内にある8000万台の車すべてを3年間動かさないことで解決できる量であるとの
話も伺い、あらためて事の重大さを認識する数値であった。

一方、こういった数値を目にすると、地球的視野でみると大きな課題であるが、
身近に置き換えると、資源を無駄に使わない、ゴミを減らす、電気や水の無駄遣いをしない、
車の運転をちょっと気をつける、そんなところから効果の出てくる問題であると思う。

人間は資源を浪費している。

生活水準が上がれば上がるほど、その度合いは増している。
私の部屋にも、コンピュータが6台あり、夏はその熱だけでも、ほかの部屋より温度が高い。
(その分、冬は、部屋の暖房の設定温度を低めにしている)

こういったところから見直さねばならないことも痛感した。


明日も10時から、市民情報センター2F・スペースB(丸い部屋)にて、今日と同じ内容で
開催されるので、興味のある方は、是非、参加していただきたい。


20080802_01.jpg

20080802_02.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/402-e9789870