夜、風呂から出たら、母が 「福田さん辞めるみたいよ~」 と。

NHKの辞任会見をみた。

消費者庁の創設と、景気対策目的の補正予算に目鼻がついたから・・・と。

これらの法案を、次の方がしっかりやってくれるから・・・と。


一国の総理大臣が、大きな法案をこれから国会に提出する前に辞めてしまうとは。

官僚が継続した路線でやっているから、誰が総理大臣であっても路線は同じと

言っているかのようにきこえた。

つまるところ、国会の存在自体を否定してしまったように感じた。


この国はどうなるんだろうか?

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/418-bd5656bf