教育・福祉委員会の行政視察研修として、北海道釧路市で開催された
『全国市議会議長会 研究フォーラム in 釧路』 に参加。

これは、全国市議会議長会が主催した議員研修会で、今回は全国から1500名余の
市議会議員か出席し、議員のあるべき姿、住民から真に必要とされる議会、
議員報酬や政務調査費の扱いなど、先進市町村の議員の事例報告会や、
地方自治を学術的に研究されている方々や、報道関係者などによる
パネルディスカッションなど、2日間にわたって多くの事例に触れることができた。

私自身も、無会派となってから、こういった種類の研修に参加する機会が多く、
議会基本条例の制定や、議会改革の考え方に触れるようになって、これこそが、
住民から求められる議会像であると認識している。従来のチェック機関に甘んじていては
議会の存在意義がうすれ、所詮は執行部の追認機関としてしか市民からみられないし、
行政を監視しながら、住民の声を聞き、行政に対して方向付けを行う意味での代表ではなく、
単なる困りごとを聞くだけの仲介者になり下がってしまうと感じている。

また、市民から頼られない議会であれば、当然、市民からは予算を食うだけの
懐疑的な存在にしかならず、報酬減・定数減という声につながっていく。

自分が該当するので、自分のために行っていると誤解をしてほしくないが、
若くして志を持って議員となろうとする人にとっては、正直、議員活動に専念して、
家族を持つには大変厳しい。ほかに収入があり、時間にも余裕のある人しか
議員になれないという状況を助長することにもなりかねず、議員になる人の
幅を狭めてしまうことにもなる。

どの市の議会でも、報酬や政務調査費のあり方について色々と議論がなされている。

確実に言えることは、昔のようなどんぶり勘定が許される時代ではなく、政務調査費に
おいては、使える権利があるのではなく、使途を含め、自分の市にどういう形で生かす
ことができる調査を行ったかを報告する義務があるのである。

二日目の午後は、各分野に分かれての現地視察。
我々は、教育分野の現地視察のグループに入り、釧路総合体育館である
「湿原の風アリーナ釧路」、釧路市こども遊学館を見学。

釧路総合体育館は、つい最近竣工したばかりの大型体育館。釧路湿原に隣接し、
展望台や、フリークライミング、スポーツジム施設を兼ね備えた近代体育館。

釧路市こども遊学館は、市内に存在したこども科学館が老朽化したことから、
別の場所に遊学館として、子どもの遊び場、好奇心を育てる科学を学べる場所、
プラネタリウムなどが設置された施設。

両施設を見学し、2日にわたる研修が無事に終了した。

後ほど、私のサイトにもレポートを掲載する予定である。



●フォーラムの様子

20081015_01.jpg  20081015_02.jpg  20081015_03.jpg


●釧路総合体育館

20081015_11.jpg  20081015_12.jpg

20081015_13.jpg


●釧路こども遊学館

20081015_21.jpg  20081015_22.jpg

20081015_23.jpg  20081015_24.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/442-27ad432d