昨日、投開票がおこなわれた つくば市議会議員選挙において、
茨城市町村政策研究会で一緒に活動をしている 星田こうじ 議員が、
見事、4位当選をされた。

つくば市議会議員選挙 結果 パソコン版

つくば市議会議員選挙 結果 携帯版

つくば市議会議員 星田こうじ オフィシャルサイト

私も、選挙戦最終日の10/25に、街頭演説会を手伝ったり、短い時間ではあったが、
遊説車に同乗して、ウグイスさんに交じって最後の呼びかけを一緒にさせていただいただけに
大変うれしい、というのが率直な感想である。

また、車で回っている中で、あちこちからの声援や、手を振ってくれる皆さんの姿が、
実に多く、また、街頭演説会でも多くの方が参加してくださるのを目の当たりにして、
あらためて、候補者の人柄、期待の大きさを実感するものでもあった。

候補者にとって、厳しい選挙を続けてきた中での、終盤でいただける声援は、
おおきなおおきな励み、支えになるものである。

自分も、1度目の選挙の最終日、やはり遊説車に乗っていて、あちらこちらからの
応援がうれしくてうれしくて、なにも実績のない自分を応援してくれることのありがたさに、
遊説車の助手席で、マイクで支持をうったえることができなくなるくらい、ただただ、
泣きながら遊説に回っていたことを思い出した。

あらためて、自分も、いつまでも、その時の思いを忘れずに、みんなと一緒に、
視点を変えることなく頑張らなければ、と思いを新たにした。

私のことはさておき、星田さんの素晴らしい当選、本当におめでとうございました。




また、余談ではあるが、あらかたの結果が出るまで、つくば市内の市長選挙、
市議会議員選挙の開票所に行って、開票作業の様子も拝見した。

昨今、全国でも開票作業の短縮化に取り組む市町村が多く、会場内の導線の見直し、
スタッフがスリッパでなく動きやすい運動靴をはく、開票作業用の机の高さを作業を
しやすい高さに調節する、など、いわゆる一般の工場のライン作業の時間の短縮化、
部品の迅速な供給などの考え方を導入しての、作業短縮化を目指していた。

つくば市の開票所においてもこれらの仕組みが導入されており、市長選、市議選、
双方で約90,000票ずつの開票においても、夜9時にスタートし、夜11時には、
仕分け作業などが終了し、職員の8割近くが撤収するなどの迅速な作業が行われていた。

なかなか開票作業を見学する機会がなかっただけに、良い勉強にもなった。

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/447-10697cc6