東京都千代田区平河町の日本都市センターホテルで開催された
地方自治経営学会の研究大会に会派の皆さんと参加。

当選以来、今年で4回目の参加。ここ数年、地方自治の話題を独占した
合併問題がおちつき、国としては財政再建と絡めて、今後更に合併を
進めるような方針について、パネラーとして参加された首長さんたちが
意見を述べたり、総務省の担当者による今後の合併の考え方などを
聞くよい機会となった。

また、指定管理者制度に関する講演もあり、制度の特徴や適用ケース、
全国の事例などの報告があったり、イレギュラーな事例についても
報告があった。

結城市でも、現在、市民情報センター、市民文化センターアクロス、
鹿窪運動公園の3施設を指定管理者制度により管理をしている。後援会報で
予算委員会の質疑として書いたが、その団体名や住所などの情報のみしか
提供されず、その団体の財務状況や、運営にあたっての積算資料などが
提示されないまま議会にかけられる現状を私は非常に問題視している。

この件については、いずれ一般質問で取り上げる予定でいるが、それにあたっての
論理展開に非常に有利になる事例を勉強できた。


【研修風景】

20060516_11.jpg


20060516_12.jpg


20060516_13.jpg


20060516_14.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/50-d9bfda5a