2009.07.10 犯罪対策 × 2
本題に入る前に・・・

本日、後援会の皆さんに会報を発送。
しかし、私のミスで、内容に誤植ががある事が発覚。

1つ目は、1ページ目右の議会の人事構成について。

前場文夫 議員の名前を 前場文雄 議員 と掲載してしまった。


2つ目は、2ページ目の右下段、小学校での英語教育について。

「文部科学省では、小学校の英語教育を平成22年 開始としているが、
茨城県では1年前倒して平成21年より開始」と掲載したが、
文部科学省では「平成23年開始」としているのを、「茨城県では2年前倒しして」
の間違いであった。

郵送で送っている方には、次回(10月発送)に訂正文を同封したい。
また、これからポスティングで配布する分については、訂正文を添えて行いたい。

誤った状態での発行を心からお詫びいたします。



●保護司さんたちの研修会に参加

午前10時半から、結城警察署内で開催された、保護司さんたちの
結城市内の犯罪状況に関する研修会に混ぜていただいての参加。

同じ団体でボランティア活動をしている保護司さんから、
出来るだけ多くの方に聞いてほしいとのことで、私にも声をかけてくださり、
参加をさせて頂いた。

 ⇒ 保護司さんとは(Wikipediaより)

覚せい剤などの犯罪に関するDVDを拝聴した後、結城市でも薬物に関する
犯罪で捕まっている人がいる現状や、低年齢層まで浸透しつつある現状などについて
説明を頂いた。

また、結城市内での軽犯罪 800件のうち、85%が窃盗で、結城市内に
大型スーパーが多数オープンし、そういったところでの件数が多い状況や、
少年非行、振り込め詐欺(結城市ではH20度 18件 被害総額1500万円)の
概況についても説明を頂いた。

犯罪件数自体は減ってきており、また、少子化の影響で少年非行の件数も
減って入るものの、社会の閉塞感からだろうか、悪質・特異なケースが多く、
発生件数が減っている事を単純に楽観視できない状況下にある事を
痛感した研修会であった。

20090710_01.jpg  20090710_02.jpg



●子供をまもる家 緊急避難訓練

午後からは城西小学校で開催された、青少年育成市民会議 城西支部主催の
「子供をまもる家 緊急避難模擬訓練」 を見学。

子供をまもる家とは、通学路上で、普段から在宅されている機会の多い家に
お願いしているもので、子供たちが不審者から声を掛けられたなどの、危険な状況に
遭遇した時の避難場所としてお願いをしているものである。

そんな状況にあったとき、様々な声掛け事例を想定して、どんな行動をしたら良いのか
ロールプレイ形式で行われた。

また、結城警察署や大町交番の警察官や防犯アドバイザーの方が、
腕をつかまれたときに、どうすれば振りほどけるか、などの方法について
実演を交えながらアドバイスをいただいた。

終了後、会議室でお茶を頂きながら、子供をまもる家を受けてくださっている方々、
青少年育成市民会議 城西支部の皆さん、警察関係者、学校職員さんと
しばしの情報交換。学区内の通学路の状況や、気が着いた点などの、
色々な情報を頂いた。

日光市(旧 今市市)での少女誘拐・遺棄事件もいまだ解決をしてないなど、
不審者情報や声掛け事例には十分注意をして対処しなければならない。

幸い、少しずつではあるが、地域の方々によるパトロールや登下校の見守り等
地域を交えた活動が始まりつつある。 毎日の事であり、大変ではあるが、
地域の皆さんの協力無しには考えられない地代に突入している現状である。

20090710_11.jpg  20090710_12.jpg

20090710_13.jpg  20090710_14.jpg

20090710_15.jpg  20090710_16.jpg

20090710_17.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/546-969c830d