2009.08.04 こども議会
午前9時半より、結城市議会 議場において 『こども議会』 が開催された。

市内の小学生20名が、1日子ども議員の委嘱を受けた後、
市議会 議場の席について、一般質問の形式で、結城市の様々な問題について
質問を行い、執行部から答弁が行われた。

私たち議員も、議場の右側・左側の仮設席について、子どもたちの質問や
執行部の質問をじっくりと聞かせていただいた。

子ども議員の皆さんは、緊張した面持ちではあるが、一人一人がしっかりと、
元気に質問をしているさまは微笑ましかった。

一方、子ども議会とはいえ、執行部答弁も公式的なものになるであろうから、
飛躍した答弁が出来ないことは理解できるが、それを加味しても、
子供たちを相手にした答弁でもある事から、もうちょっと、夢を持てるような、
そんな答弁をしてほしかったなあと感じている。


学校でも、議会の仕組みや政治の仕組みを勉強する機会があると思うが、
こういった子ども議会の開会を通じて、市内の小中学生に、議会の傍聴を
してもらうなど、机上の学習だけでなく、身近な行政である結城市の
議会や市役所を生きた題材として、肌で感じて勉強できる機会を
つくってほしいとおもう。

ちなみに、子ども議会の開会前、所用で市役所のとある部局を訪問したところ、
高校生がインターンシップで職場体験をされており、話す機会はなかったが、
真剣に取り組んでいる様子を拝見した。

是非、身近な場所として、門戸を広げて、少しでも結城市の行政や政治に
興味を持ってもらえればと思うところである。

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/557-6015572a