本日、青年会議所 主催により、衆議院 茨城7区 立候補予定者 公開討論会が
市民文化センターアクロスで開催される旨のチラシが投函されていた。


 会場 市民文化センターアクロス

 開場 午後6時   開演 午後7時 ( ~9時の予定 )



興味のある方は、是非、話を聞きに行き、候補者の話を聞いていただきたい。
私も聞きに行きたいと考えている。


過去には公職選挙法で立会演説会の開催が可能となっていた。

しかし、公平性に問題があると言う事で、改正の際に削除されたようである。
この公平性と言うのが、客観的に見ると、どの候補者の発言も聞ける事から
公平なのではと考えていたのだが、やはり、選挙が絡むと色々な問題もあるようで、
候補者の後援会が動因をかけ、他候補の演説を妨害するなどの行為により、
公平性にかけるとのことで廃止となったと記憶している。
(1983年の公職選挙法改正で廃止)

近年では、青年会議所で検討が進み、告示前に、立候補予定者を対象に
公平性をきちんと保った形をとって開催されており、有権者に対して
候補者の考えを聞ける機会をつくった青年会議所の取り組みは、
おおいに評価すべきであると言う考えを持っている。

また、公職選挙法でも明確に開催できるように改正すると言った動きも
あるようである。

近年、政治に関心を持つ人が多くなってきている背景を考えると、
やはり、公職選挙法で立会演説会が行える環境を整える必要があると
考えている。

これは、なにも、国政選挙に限らず、地方の選挙でも同じである。
全回の結城市長選挙においても、青年会議所主催による公開討論会が
ひらかれている。

是非、公式に実現できるような法改正を望みたい。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/558-f32f6b49