地元町内の稲荷神社の例大祭に参加。

氏子のみなさんと一緒にしめ縄をつくり、神社へ奉納。
ちなみに、私も、なかなか協力できていない状況ではあるが、
氏子の末席に置いて頂いている。

今年は、新たな試みとして、古代米を公達地内の田んぼに植えて、
そのわらを使って、しめ縄の作成をおこなおうというもの(写真参照)

関係者の皆さんのご尽力で、無事、しめ縄も完成し、神社や鳥居への
取り付けもおわり、宮司さんにおいで頂いて、奉納まで無事終了。

関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。


20091122_01.jpg  20091122_02.jpg

20091122_03.jpg  20091122_04.jpg

20091122_05.jpg  20091122_06.jpg

20091122_07.jpg  20091122_08.jpg

20091122_09.jpg  20091122_10.jpg

20091122_11.jpg



さて、ここでちょっと小話を・・・。

私の住む町内は公達と書いて「きんだち」と読む。
しかし、この稲荷神社の石碑には、公達ではなく「公舘」と彫ってある。


↓これ

20091122_12.jpg

昔は公舘と表記されていたのだろうか・・・?

地元の歴史をさぐってみると、面白いことがいっぱいありそうだ。


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/601-c93a40da