朝一番で、仕事を2件済ませた後、一路、つくば市へ。


お世話になっている友人の計らいで、いばらき思春期相談員の
和田由香先生と、ランチをかねて、昨今の茨城県内の思春期の子供たちの状況や、
少子化対策において、思春期を迎える子供たちの教育や、健康でいることが、
将来の夢の実現につながるなどの考え方についてレクチャーを頂いた。

とても気さくな先生で、親しみやすく、時にズバッと、色々な考え方を
ご教示いただき、大変参考になった。また、これから思春期を迎えるお子さんを持つ
保護者の方々にとっても、子供に対してきちんと向き合う上での考え方を
知っていただく上でも、先生の話が有意義であると感じた。

先生とは、これからもいろいろと情報交換させていただけることになり、
今後、関係各所と相談をしながら、結城市でも先生の講演が実現できないか、
模索してみたいと考えている。



その後は、再び、前述で登場した友人の計らいで、
独立行政法人 国際農林水産業研究センターを訪問し、見学させていただいた。

 ⇒独立行政法人 国際農林水産業研究センター

ここは、農林水産業の基礎研究を行い、その技術を世界各地に広めていくことを
目的としている。工業技術と異なり、農業・林業・水産業は、世界のどこでも
行われている。そういった分野での基礎研究や先進事例を世界に広めて、
技術支援を行うことで、世界に協力していこうという方針で取り組んでいる。

稲作の品種改良により、地域に適した水稲栽培の技術をひろめたり、塩害対策や、
植物固有の病気への対応など、さまざまな研究を行っている。

また、エビ類の安定的な養殖を行う技術の研究なども行われており、
実際に、設備を見学させていただいた。


普段の議員活動とは一風変わった世界を垣間見たひと時であったが、
こういった分野の知識が、思いがけないことで結城市につながるときが
あるかもしれない。

視野を広げる意味でも、よい機会をつくって下さった友人に感謝を申し上げたい。



20091203_01.jpg 20091203_02.jpg

20091203_03.jpg 20091203_04.jpg

20091203_05.jpg 20091203_06.jpg

20091203_07.jpg 20091203_08.jpg

20091203_09.jpg 20091203_10.jpg 
↑エビとの会話を試みる立川ひろとし

Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/608-c4ba82a4