副題:一般会計の中で採決をとると、表に出ない


今朝、市民の方からメールを頂いた。

市内のとあるところで、市がしるくろーど購入を実施しようとしている、

という話を聞いたが、事実なのか、また、立川議員の考え方を

聞きたい、という内容であった。

その方へは、私の考えを含めて、返信をさせていただいた。




今回の、しるくろーど購入は、その問題 単体で審議され、採決をとるのではなく

一般会計の中で予算措置され、審議され、採決がとられると思われる。


 ⇒ 一般会計とは ( ウィキペディアより )


一般会計とは、市民生活の大部分に関わるもの、道路、ゴミ収集、消防、防災、 

福祉、教育、商業、農業、産業振興など幅広いものが含まれている。

この中に購入費用や、購入後の維持管理費、改装費がもりこまれるため、

あくまで、市が発行する議会だよりや、

議案書には「一般会計予算」という

言葉でしか明記されず


予算書の中をよーくよまないと、

購入に関する項目が出てこない。


一方、我々議員においても、採決に関するポイントが様々に変わってくる

あくまで、しるくろーど問題が予算措置されているから一般会計に反対、あるいは、

しるくろーど購入は反対だけど、その他の事業を考えると賛成、

あるいは、別の問題があって反対、あるいは賛成、など、賛成・反対の基準は

如何様にも変わってくる。

逆に言えば、市民の皆さんから、しるくろーど購入に対する考え方を聞かれても

<この辺のあいまいさを、市民の皆さんに

説明する方もおられるだろう。




いやいや、広報誌に載るんでしょ?という質問を下さった市民の方も

おられたのだが、一昨年12月の、しるくろーどに市役所部局が

入ることを要望する請願は、あくまで、この問題に絞った請願であったため、

議会だよりにもそのものズバリで掲載されたし、議員の採決行動も

明確になったのである。




しかし、今回は、

一般会計の中に盛り込まれ

あくまで、一般会計全体の中での

審議、そして採決となるため、

どこをみても、

しるくろーど購入という言葉が

議案書や広報誌に明記されないであろう。





なので、反対を唱える議員は、できるだけ、多くの市民の皆さんに、

こういった問題を含んでいる一般会計が、3月の議会で審議されるかもしれない、

という点を伝えているのだと理解している。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/647-af3dc36d