副題:3階の買取は、救済策になりうるか



昨日も触れたのだが、現時点では、しるくろーどの財務状況に

関する情報が、議会側に出ていない。


市長は、あくまで救済が目的ではなく、

公共施設が安価に買えるから、という説明をしていることから、

救済ではないから財務状況を出す必要がないと

考えているのかもしれない。



しかし、ここで選択を誤ってはならない。


問題の本質をきちんと分析せず、

あるいは、問題の本質から目をそらさずに、

直視して、正確な情報を元に、

検討しなければならない。




それが、53000人の市民の血税を預かり、

執行していく市長と、

それを監視する市議会議員の

役割なのだから。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/658-5ea2687b