南部中央コミュニティーセンターで開催された
結城市地域防災計画(案)の説明会に参加。

10年ぶりに見直される地域防災計画。

自然災害だけでなく、大規模災害、事故などに対する対応も考慮される
ことが義務付けられ、どんどんボリュームが大きくなっている。

説明会では、地域防災計画の変遷についてや、災害ごとの対応の方法や
考え方、非難場所、避難経路、物資運搬ルートなど、計画の考え方などに
ついて説明を受ける。

説明の中で、気になる点があり、質疑応答の中で指摘をさせていただいたが、
災害によって、避難先が異なる地区が計画に盛り込まれていること。

非難という、緊張感や、圧迫される心理の中において、冷静な判断は
正直難しく、そんな心境の中で、災害に応じて避難先が変わるのは
好ましくないと思う。

緊張した、慌しい心理状態の中で、非難という行動をシンプルに
定義づけるためにも、地域ごとの避難先は1つに定めて、
周知徹底する手法に改めるべきと思う。



20100213_01.jpg 20100213_02.jpg 20100213_03.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/662-88e327bd