2010.02.18 全員協議会
午前10時から、全員協議会に出席。

平成22年度 結城市予算(案)の概況について説明があった。


●平成22年度の予算概況

  一般会計 155億8600万円      前年比 ↑ 8.8%
  特別会計 111億1250万8000円  前年比 ↓ 4.2%
  水道事業  16億9576万8000円  前年比 ↓20.6%
 ------------------------------------------------------
   合 計  284億 717万6000円  前年比 ↑ 1.2%


主要施策に関する説明資料も配布され、ブログで連日触れている
「しるくろーどの一部購入」 については、「分庁舎整備事業」と称して
8900万円が計上された。


●巡回バス運行事業見直し

運行開始から5年が経過。
利用者や地域住民からたくさんの意見や要望があったことから、
コースや停留所の総点検を実施。

変更

・軽微なコース変更 3ヶ所

・停留所 新設 5 廃止 1 移設 5 コンビニへの設置 4

・これらの変更にあわせてのの時刻表見直し


●水道事業 加入金の減免措置

県企業局が平成22年~24年の3年間、新規水道加入者に対して、
経済的な支援を実施する市町村に対して、特別措置の実施を決定

内容

新規加入者に対して、加入工事代の補助、加入金の減免を
実施する県営水道(霞ヶ浦水道)を受水している市町村に対して、
新規加入により増加した使用量 見合の水道料金の1/2を3年間減免

これを受けるため、減免に関する要綱を整備し、
4/1より結城市での新規加入者に対し、加入金の10%減免を実施

結城市の水道加入金収入は約2800万円なので、
市民への減免の総額は約280万円。

年間の新規加入世帯、世帯人数平均、一人当たりの年間利用水量から
計算すると、県->市に対する減免は300万円程度


●上下水道料金のコンビに収納

4/1より上下水道料金もコンビニでの支払いが可能になる。


●公民館の耐震診断について

公民館の耐震診断の結果が届いた。

IS値は

1階 0.51 ~ 0.53  2階 0.67 ~ 0.75
3階 0.99 ~ 1.39  4階 0.77 ~ 2.31

大規模地震では倒壊の危険性があると考えられる

1・2階は補強工事が必要であり、緊急性のあるところから
耐震化をはかっていきたい。





その後の協議の時間で、しるくろーどの一部購入に関する予算が

計上されることが明らかになったので、執行部からの再度の説明を

求める機会の設置が必要であると思い、口火を切る形となってしまったが、

提案してみた。


他の議員からも、賛同する意見、必要ないという意見、など、

様々な意見が出たが、結局のところ、議会としては、

1月の全員協議会で説明があったこともあり、これ以上、

議会としてそういう機会を持たず、聞きたいことがあるなら

自分で聞きに行くか、3月の議会で質問すればいい、

という結果になった。



そこで、全員協議会終了後、議員同士の意見交換会を提案し、

委員会室にて、14人の議員が参加した中で意見交歓会を実施。



これに先立ち、全員協議会 終了直後に、許可を得ず

意見交換会の開催を、議場で、大声で呼びかけたことに対して、

「非常識な行動を慎むように」と、お叱りを受ける。



許可を得ずに行動したことに対しては、

注意されても仕方がないと感じ、謝罪の意を伝えたが、

非常識 呼ばわりされることについては、心外である。



・・・が、私自身は、非常識といわれようが、

市民にとっての大事な問題を議論することが重要だと思っている。



議員同士で意見交換をする機会を設定するために

行動を起こしたことは、間違っていないと思っているし

やってよかったと思っている。




意見交換会では、14人の議員が、それぞれ、今もっている情報を

交換する形で、1時間ほど行われた。



今後、議会開催前に、再度、執行部からの説明の機会を求めたり、

議員同士の意見交換を活発に行いながら、この問題について、

取り組んで行きたい。




私自身、執行部から、これほど大きな問題を突きつけられながら、

議会全体での議論が出来ないとか、調査委員会を作れないのは

もはや、市民の代表の機関としては、大きな意識の欠落であるし、

議会改革など夢のまた夢、という感を持っている。


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/667-0221d534