以前から話題になっていたホームページでの選挙活動が、

今度の参議院議員選挙で解禁になるかも? という話題があったが、

ガイドラインが出てきたようである。


 参考 朝日新聞記事 ⇒ HPの動画更新OK、印刷配布はダメ ネット選挙に指針

 (朝日新聞サイト より)




内容を見てみると、内容自体は極端に目新しいものは感じられない。

ネット選挙が想定されていなかった従来の公職選挙法上で

独自の解釈でホームページ&ブログを運営していたという

現状の解釈を、あらためて法律に明文化しようという指針と

なっているのでは、というのが私の率直な感想。



従来は、ホームページやブログは、あくまで政治活動上の

発信ツールで、たまたま告示期間中、ホームページやブログが

開きっぱなしになっていたという解釈。候補者によっては、

期間中閉鎖する方もいたが、わたしは、公開したままにしていた。


期間中のメールによる呼びかけも、費用の問題、手軽さ、

レスポンスを上げられることからも、個人的には解禁してほしいと思うが、

記事にもあるような、なりすましなどの問題もあり、やむをえないと思う。


スパムメールが横行していることからも、解禁すると、なりすまし、

怪文書メールが出てくるだろう。



いろいろ個人的な意見はあるが、ホームページやブログを

正式に選挙活動として使えるようになったということは、今後は、

掲載する内容もそれに合わせて考えなければならない。



自分のサイトを見ていても、いまは、活動報告が主体。

期間中の動画配信もできるようになるらしいし、掲載する文言の

幅も広がっていく。


選挙の規模は違えど、今度の参議院選挙における候補者の

サイト活用方法などの事例を集めながら、自分のサイトも

手を加えていきたい。



・・・と、演説をぶっているまえに、ほったらかしになっている

サイトの情報を更新しなければならない


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/713-9463ada1