2010.06.11 一般質問 終了
一般質問が終了。

今回は全部で8名の議員が登壇。

私は全体では7番目で、6/11 午後1時半からの質問。

質問内容は 6/1 のブログでも書いたとおり。



●分庁舎整備事業について

①事業の進捗状況について

②子育て支援関係施設としての適用性について

③市民からの意見の集約方法について


●結城駅南口の整備について

①これまでの整備の経緯について

②ロータリー周辺の改善策について


●教科書の内容増加に伴う当市の取り組みについて

①現状分析について

②教育委員会・学校の取り組みについて



このうち、私にとっても最大の関心事であった

「分庁舎整備事業について」では、3月議会から今日に至るまで、

確認するたびに、入ったり、入らなかったり、言葉を変えて出てきたりと

「子育て支援センター」がどうなるか迷走していたが、結局は、

入らないこととなった。実際、利用している方々からも、分庁舎への

移転はしてほしくないとの意見も頂いており、3月議会当時、

何を根拠に検討していたのか疑問であるということも述べさせて頂いた。


また、議会初日の市長の署名に対する見解についても、

市民の声を聞くべき市長の姿勢とはかけ離れたような内容であり、

おおいに問題があると思っており、以下の点を指摘した。


・署名の文書にあやまりがあるなどの指摘があったが、

 市が買う必要性に対し、危惧している点、買わなくても済む理由を述べた上で、

 理解を頂いた方が署名を下さったのであって、間違った情報を元に

 誘導しているというのには当たらないと考えている

・賛成だから署名できないと、はっきり言ってくださったかたもいた

・「地域性に偏りがあるので市民全体の意見ではない」との指摘もあったが、

 署名簿だけをみたらそう判断するかもしれないが、意見を聞いてみると、

 名前が出てしまうことによって、地域での生活に支障をきたすかもしれない

 という理由で署名できないという意見があった。

・署名ではなく、住民投票のような、無記名で意思を示すことができれば、

 ハッキリと自分の意思を示すことができる、という意見も頂いた。


これらを指摘して、市長に、市民の反対の声について見解を聞いたが

内容は、議会初日の答弁と同じで、署名の信憑性が欠けるという答弁。


また、一番最後の指摘であるが、反対であるが、いろいろな関係で

名前を書けないが、住民投票であれば無記名だからハッキリ反対できるという

意見を下さった方がいるので、住民投票などの実施を求めてみたが、

市長からは「その考えはない」との答弁。


市民の声を公平に聞く方法は無いものだろうか・・・



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/721-f2f70ec8