2010.09.01 雑感 8月
熱帯夜の続く暑い夏。

毎日のように熱中症になる方や、不幸にして命を落とされた方もおおく、

あらためて地球温暖化の影響も考えてしまう。


なくなられたはずの方が届けられず、家族が年金を不正受給していたような

問題の多発から、江戸時代に生まれた方が戸籍に残っているなど

日本と言う国の行く末、国のモラルを考えさせられるようなデキゴトもあった。


国政においても民主党の代表選挙の迷走が大変気になる。

さまざまな国の問題に直面しながらも、どうも、派閥間の争い、

主導権争いばかりが目に付いたり、「トロイカ体制」という言葉まで出てきて、

派閥と言う言葉は出てこないまでも、自民党時代の派閥による政治と

なんら変わらないように見えてくる。昨年夏に、国を変えようとして

国民が託した気持ちはどこかへいってしまったような気がする。



私自身もそういった世界の端くれにいて、自分の言動が皆さんの気持ちと

離れてしまっていないか、自問自答するときがある。

自分では変わっていないつもりでも、その世界に長くいることによって

知らず知らずのうちに染まっていくこともあるだろう。

もう一度、自分と自分の言動を見つめなおしてみようと思った8月であった。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/748-82437cf0