2006.06.26 凄惨な事件
岡山市内で発生した、学生2人をリンチ・生き埋めにした事件。

ニュースでも報道されているが、親が、

「正義感の強かった子だったから・・・」と、肯定するコメントをしていた
ことに、唖然とした。もはや常人の感覚ではないなというのが、率直な感想。

人数的にも、多く、どう考えても、事を収めるための行動ではなかった
ように思うし、重機で穴を掘って生き埋めにしたり、口止めをしたりと
正義感では片付けられるものではない。本人や親は正当防衛のような
感覚でいるのだろうが、その域を超えている。

なんか、世の中がおかしい。

そのうち、一つ一つの物事について、良い、悪いを教える日が来るのだろうか。
そして、事件を起こした犯人が「教科書に悪いって書いてなかったので、
やってしまいました」と供述する様子が報道される、そんな時代が来るのだろうか?

おそろしい。

なんとか、食い止めねばならない。
Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/77-34f803fc