先の市議会議員選挙における選挙費用を掲載しました。

これは、5/2に結城市選挙管理委員会に提出したものと同じ内容です。


 ⇒ 立川ひろとしホームページ 2011.4.24 結城市議会議員一般選挙 選挙費用


選挙費用の収支報告については何度か触れましたが、


・無償労務提供(ボランティア)や無償提供などの寄付は、

 収入、支出の両方に記載して相殺する

・過去の選挙で作成したものを再度使用する場合は、

 収入、支出の両方に記載して相殺する


となっており、これらの考え方を適用すると、私の選挙費用も

見かけ上は大きな額に見えますが、実際は約31万円の出費で済みました。



このほかに、選挙期間中に後援会向けに行った電話かけの通話料が

未計上となっており、これは、GWあけあたりに請求があり次第、

支払いを行って、選挙管理委員会に追加報告を行う予定です。



自分の過去の選挙と比較すると、選挙カーの自粛により

車両搭載の拡声器やバッテリー、車上運動員の人件費がかからなかった分

費用の軽減ができました。また、過去に用意したものを再利用している

ことも、現金の出費を抑えられた要因かと思います。



変な話ですが、私の場合は、選挙よりも、間の議員活動のほうが

お金がかかっています。後援会の皆様に発行している後援会報の

製作費や郵送費(これが1番大きい)は、年間40万円近くになり、

(詳しくは私のサイトの後援会収支報告をご覧ください)

2期目の4年間で160万円くらいかかっています。



選挙にお金をかけない ⇒ ケチ と見えるかもしれませんが、

私の場合は、議会報告の作成・郵送など、議員としてやるべきこと、

必要なことにはしっかりお金をかけています。


飲み食い選挙のような、政治活動の本質と異なる部分には

お金はかけない
ということです。



その結果が、活動費>選挙費用 であり、

これは私にとって、ごくごく自然な形です。



勉強会の仲間にも、お金をかけずに選挙を行っている人も多く、

地盤・看板・カバンがないと勝てないと言われた時代から

だんだん変わってきているようです。



志あるかたが、これを見て、少しでも挑戦しようという

気持ちになって頂けたら幸いです。


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/917-f26cf271