青少年育成市民会議 城西支部の皆さんと一緒に

城西小学校でのあいさつ運動に参加。


隔週で月曜日に実施していますが、

4月は選挙などいろいろあって参加できておらず、

今日の参加が今年度初参加となりました。


子どもたちに声をかけると、みんなも挨拶を返してくれます。

上級生も、新入生の歩き方に合わせてゆっくり歩いたり、

新入生のランドセルに手を添えて一緒に歩いたり…。

微笑ましい光景でした。



たまに、駅に立って会報を配りならら挨拶をしてますが、

学生さんは挨拶をしてくれますが、社会人の方々の多くは

無言ですっと行ってしまいます。


先の見えない混沌とした社会情勢の中で

仕事をされている皆さんには、もしかしたら

見知らぬ人との挨拶の余裕がないのかもしれません。



しかしながら、しっかり挨拶のできる子どもたちが

巣立って行って、入っていく社会が挨拶のできない社会では、

挨拶のできる子たちが、コミュニケーションをとれなくなって

しまうのではと心配です。



巣立ってきた子どもたちを受け入れる私たち大人が

挨拶ができる、コミュニケーションがとれる

そんな社会をつくって、前途有望な若者たちを

受け入れなければならないと思いながら

あいさつ運動に参加したり、駅でのあいさつを行っています。



Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/924-17d4f0b9