結城市国際交流友好協会の役員会に出席。

議会からは議長、総務委員長、教育・福祉委員長が入っています。



6月末に総会を控え、予算や決算、活動方針、役員改選など

総会に提出する案件について1時間にわたって審議。



結城市内には現在1760人の外国籍の方が在住しており、

国際交流の位置付けは海外に行くことだけでなく、

市内在住の外国籍の方との交流も重要であるとの話を拝聴しました。

本協会でも、視察研修は国内・国外を隔年でおこない、

市内のイベントに参加したり、市内でのイベントを企画するなど、

身近なところでの国際交流活動を継続的に行っているとの

活動報告もありました。



私の住む町内にも外国籍を持つ方が住んでおられます。

何年か前の町内の盆踊りで一緒に楽しく踊った記憶もあります。



日本は国境が海であり、

大陸の国のように国境が地続きの国とは

少し考え方が違う一面が感じられることから、

私自身もそうでしたが、国際交流が身近なところにあることに

気付かない方も多くおられると思います。



その点をPRできたらとも感じております。


20110531_01.jpg 20110531_02.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://tacho.blog52.fc2.com/tb.php/936-5569218f